トピック

ビートルズ、羽生結弦、中森明菜、沢田研二、坂本龍一など12月に買いたい音楽/カルチャー関連書籍

ビートルズ、羽生結弦、中森明菜、沢田研二、坂本龍一など12月に買いたい音楽/カルチャー関連書籍

2023年12月に発売される書籍の情報をまとめました。今回は、Mikikiが注目する9冊をセレクトしています。該当作品のTOWER RECORDS ONLINEの商品ページのリンクなどもあわせて掲載していますので、ぜひお役立てください。なお、TOWER RECORDS ONLINEでの取り扱いが終了している場合もございますので、ご了承ください。タワーレコード店頭での取り扱いは各店舗にお問い合わせください。


 

12月5日(火)発売

丸山幸子 『「ヨン様」の名付け親が初めて語る韓流秘話 韓流前夜』 東京ニュース通信社(2023)

2003年に韓国ドラマ「冬のソナタ」がNHKで放送されてから20年。主演を務めたペ・ヨンジュンを〈ヨン様〉と名付けた「もっと知りたい!韓国TVドラマ」編集長の丸山幸子が、韓流文化がどのような経緯をたどり現在の〈世界最強〉ともいえるコンテンツに成長していったのかを綴ります。パク・ヨンハ、ヒョンビン、チャン・グンソクなど実際に会った多くの韓流スターの取材裏話も!

 

12月6日(水)発売

松田行正 『グラフィック・ビートルズ』 牛若丸(2023)

〈最後の新曲〉と謳われた“Now And Then”が大きな話題を集めるビートルズ。本書は、『Please Please Me』『Rubber Soul』『Abbey Road』などビートルズのアルバム11枚のジャケットデザインを、1章ずつに分けて解説する一冊。〈デザインの歴史探偵〉を名乗るデザイナーの松田行正が、デザインの〈革新性〉を20世紀デザイン史の中に位置づけて検証していきます。

 

12月7日(木)発売

羽生結弦 『G.O.A.T 2007~2023 羽生結弦写真集』 JTBパブリッシング(2023)

羽生結弦を2007年以降、15年以上にわたって撮影してきたカメラマンの坂本清が、国内外の競技会やアイスショーで撮影した10万枚以上のなかから厳選した写真を美麗なデザインで見せる写真集。初公開の写真も多数掲載されるほか、坂本による撮影時のエピソードや思い出コメントが掲載写真ごとに収録されます。

 

12月12日(火)発売

スージー鈴木 『中森明菜の音楽 1982-1991』 辰巳出版(2023)

「イントロの法則80’s 沢田研二から大滝詠一まで」「桑田佳祐論」などのほか、マキタスポーツとの音楽番組「ザ・カセットテープ・ミュージック」への出演でも知られる音楽評論家のスージー鈴木が、中森明菜の楽曲に徹底フォーカスしたかつてない〈音楽クロニクル〉を発表。多くのコアなファンを含めた大衆からの支持を得ながら、世間的にはゴシップや憶測ばかりが一人歩きし、結果、音楽家としての真価がぼやかされ続けたとも言える〈中森明菜の音楽〉を真正面から捉えます!

 

12月13日(水)発売

『Quick Japan vol.169』 太田出版(2023)

デビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして2023年を駆け抜けたGENERATIONS from EXILE TRIBEが表紙&第1特集に登場。3万字ソロインタビューなど80ページ以上にわたる永久保存版の総力特集が組まれています。一方、第2特集&裏表紙にはFANTASTICS from EXILE TRIBEが。2018年12月5日にシングル“OVER DRIVE”でメジャーデビューを果たし、5周年を迎える彼らの〈あの日の約束〉とは?

 

12月13日(水)発売

中川右介 『沢田研二』 朝日新聞出版(2023)

クラシックや歌謡曲、映画、コミックなど幅広いテーマで数多くの著書を発表してきた中川右介が、沢田研二に関する新作を発表。ザ・タイガースで芸能界デビューを果たした後、“時の過ぎゆくままに”“勝手にしやがれ”など多数のヒット曲を飛ばし頂点を極めたジュリーの軌跡を、圧巻の情報量で描き切ります。

 

12月13日(水)発売

保利透 『SPレコード博物館 明治・大正・昭和のレコードデザイン』 ele-king books(2023)

戦前レコード文化研究家としても知られる保利透が、明治から昭和にかけて登場したレコードのデザインをテーマにした書籍を発表。お笑い芸人や映画俳優、NHK連続テレビ小説「ブギウギ」によって再び注目を集める笠置シズ子や服部良一、さらには忠犬ハチ公の肉声レコードなど多彩なラインナップでレコードの歴史を振り返ります。

 

12月19日(火)発売

坂本龍一, 中沢新一 『新版 縄文聖地巡礼』 イースト・プレス(2023)

以前から縄文文化に深い関心を寄せてきた音楽家の坂本龍一と、人類学者の中沢新一が縄文の古層に眠る〈わたしたち〉の精神の源泉に触れるため、聖地を巡り語り合った2010年の共著作の待望の新装版となります。ちなみに、2024年1月17日には坂本が2017年にリリースしたアルバム『async』とそのリミックス盤『ASYNC-REMODELS』(クリスチャン・フェネスやコーネリアスら参加)のアナログ盤が到着します。

 

12月25日(月)発売

TM NETWORK 『TM NETWORK 40th FANKS intelligence Days ~DEVOTION~ AFTER PAMPHLET』 リットーミュージック(2023)

TM NETWORKが今秋からスタートした全国ツアー〈TM NETWORK 40th FANKS intelligence Days 〜DEVOTION〜〉のアフターパンフレットが登場。バンド史上最上級との呼び声も高いクオリティの高いステージをそのままキャプチャーしたライブ写真や、リハーサルの密着レポート、機材や衣装の紹介、楽曲のライブアレンジ解説など豊富なコンテンツを多数収めた一冊です。