COLUMN

Tokyo Cheer2 Partyや小桃音まいら次々にアップカマーを送り出すVERSIONMUSIC

【ZOKKON OF THE YEAR 14 to 15】 Pt.14

 〈ガールズポップアイドルに特化したレーベル〉を謳い、2013年にTHEポッシボーのリリースから始まったVERSIONMUSICですが、2014年には本腰を入れてアーティスト/タイトルのラインナップを拡充しはじめました。2013年から在籍のTokyo Cheer2 Party小桃音まいを筆頭に、インディー流通から段階を踏んだWHY@DOLLがメジャー契約を決めたあたりからは次々に新顔をフックアップ。吉田凛音アイリスFYTJK21、さらにはCLEAR'Sしんまち七色ばんど……と怒濤のリリース攻勢を展開するに至りました。

【参考動画】Tokyo Cheer2 Partyの2014年のシングル"MD"

 

 2015年にはnanoCUNEを皮切りに、大阪のEspeciaSPIR AL発のウルトラガール、WHY@DOLLと同じくインディー契約から始まったシブヤDOMINIONらのリリースが続いていく模様。すでに実績のあるキャリア組から新人まで、リスニング向けから現場巧者まで、いわゆるレーベルカラーのようなものが一様ではないだけに、何を繰り出してくるかわからない期待感を煽るのは確か。この先の動きにも注目です! 

【参考動画】シブヤDOMINIONの2014年のシングル“Happy Poppy!!”
40周年 プレイリスト
pagetop