コラム

DE DE MOUSE主宰のレーベル=notが大攻勢! 3周年を機に自身のEPやYMCKらの新作を一挙投下

 これまでマイペースなリリース活動を行ってきたDE DE MOUSE主宰のレーベル=notが、3周年を迎えたこの機に新作を一挙に投下!

 

 まずは彼が十代の頃に親しんでいたダンス・ミュージックへの愛をぶつけたというEP『youth 99』。途中で倍速になるアシッド・ブレイクスを皮切りに、初期レイヴに通じるカオスな勢いが凄い力押しの内容だ。さらにもう一枚のEP『milkyway drive』は、ライヴで披露している既発曲のリエディット音源をまとめたもの。“east end girl”などの人気曲がテッキーなフロア仕様に新調されていてアガる!

DE DE MOUSE milkyway drive not(2015)

 

 そしてこのたびレーベルに加わったのが、SeihoTomggg作品への参加で知られるUKのフェニックス・トロイによるソロ・プロジェクト、フェニックス・アンド・ザ・フラワー・ガール。CDデビュー作となるEP『Nala』は、LOW HIGH WHO?周辺で名を売るRyuuta TakakiやブルックリンのMAXOといったネット界隈でも注目の人材の支援により、本人のぬるま湯ヴォーカル&ラップとフューチャー・シンセなトラックが絡むトレンディーな一枚に。

PHOENIX AND THE FLOWER GIRL Nala not(2015)

 

 最後は、結成以来8ビット道を貫くYMCKの6作目『FAMILY DANCING』。サタデーナイトなジャケからもわかるように、今回のテーマは〈ダンス・ミュージック〉で、ピコピコ音がポップに弾けたダンサブルなナンバーが並んでいる。なかでも、かねてより親交のあるタイのシンディ・スイによるディスコ・ポップ“Disko Kitsch”のカヴァーはハマりすぎ! 各作品、スタイルはバラバラなれど、やはりDE DE MOUSEの審美眼は信頼に値する!

 

関連アーティスト