トピック

フワン・ウォーターズ&KONCOS、DYGL、H.M.B.G.の鉄板木曜日@下北沢THREE! 〈M.O.I.E〉 10/5~10/11

こんにちは! Mikiki編集部の田中です。先週から始まりました週刊記事〈Mikiki編集部が行きたい今週のオススメ・インディー・イヴェント〉。略して〈M.O.I.E〉。Mikikiが〈今週これだけは行きたい〉〈いまこの組み合わせは必見〉と鼻息荒くしているオススメ・イヴェントを毎週頭にお伝えする記事です。

今週のオススメはやっぱり10月10日(土)のシャムキャッツ主催イヴェント〈EASY 2〉! と言いたいところですが、そちらに関しては、本日アップされたばかりのメンバー全員インタビューによる紹介記事を見ていただくとして、今回は“特に”〈EASY 2〉行けないよー涙という方のために、こちらを紹介。

〈Thee Boot Party feat. フワン・ウォーターズ〉
日程/会場:2015年10月8日(木)/東京・下北沢THREE
出演:フワン・ウォーターズ、 KONCOS、DYGL、Half Mile Beach Group
DJ:夏目知幸(シャムキャッツ)、Thee Boot DJs
開場/開演:19:00/19:00
チケット代:前売 2,000円/当日 2,500円(1ドリンク別) 

過去にケン・ストリングフェロウラ・セラなど海外インディ・ミュージシャンを招致し、共演する国内アクトのフレッシュなチョイスともに、素晴らしいイヴェントを作り上げてきた〈Thee Boot Party〉が、〈EASY 2〉にも出演するニューヨークのシンガー・ソングライター、フワン・ウォーターズの東京ライヴを開催。ウルグアイ語と英語が入り混じった、なんとも良い温度のフワンの歌は、平日のTHREEとたまらなく合いそうです。

【参考動画】フワン・ウォーターズの2015年作『Who Me?』収録曲“I Was Well”のライヴ映像

 

共演に、ここ1年、チェンバー・ポップポスト・ハードコアアヴァンギャルド・ジャズが同時に疾風怒涛しているような、ものすごいライヴを重ねてきているKONCOS。直球のギター・ロックを今もっともかっこよく鳴らすことのできる4ピース、DYGL。逗子を拠点に、音楽や映画など様々なカルチャーを交差させている集団Half Mile Beach Clubのメンバーによるライヴ・ユニット、Half Mile Beach Groupと鉄板の4組。さらにDJには、シャムキャッツの夏目知幸、主催のThee Boot DJsと、開演から終演まで全ての時間に愉しさ溢れる一夜になりそうです。

【参考動画】KONCOSの〈Shimokitazawa Indie Fanclub 2015〉での“FLOWER”ライヴ映像

 

【参考動画】DYGLのフィラデルフィアでの“Don't Know Where It Is”ライヴ映像

 

 【参考音源】Half Mile Beach Groupの2015年発表曲“Yankee”

 

そのほか、10月9日(金)に新宿MOTIONで開催されるHELLO AND ROLLのレコ発企画が、彼女たちに加え、団欒carpool大滝カヨバンドSuper Ganbari Goal Keepersと素敵なラインナップ。同じく9日、神保町・試聴室では、Hara KazutoshiCAMISAMA石指拓朗とこちらも大変魅力的です。10月11日(日)には、八王子で国内パンク/ハードコア/インディーの祭典〈MATSURI 2015〉が開催と、ホットなイヴェントが今週も並んでおります。詳細は記事下部にある各会場とイヴェンターHPへのリンクからどうぞ!

もちろんここに紹介したのは、まだまだ数多くある、良い予感イヴェントのなかの氷山の一角。ライヴハウスでは連日、入魂のブッキングによる、その夜一度だけの事件が絶えず繰り広げられていますので、ぜひぜひ足を運んでみてください!

タグ
TOWER DOORS