NYの宅録女子、コンピューター・マジックの待望初フル作は腕利きドラマー招いたレトロ・フューチャリスティックなエレポップ盤

2015.11.04

これまでに何度も来日公演を行っているだけでなく、日本のTVCM用に楽曲を制作するなど、すっかり身近な存在となったNYの宅録女子、ダニエル・ジョンソンによるソロ・ユニット。自身が立ち上げたレーベル=チャンネル9からのリリースとなる待望のファースト・アルバムは、まるで80sのB級SF映画を観ているかのような、レトロ・フューチャリスティックなエレポップ盤に。ダルな歌声を引き立てるイイ塩梅にレイドバックしたトラックを、ブラッド・オレンジカインドネスソランジュらの作品に参加してきたドラマー、クリス・イーガンの正確&タイトなビートがキュッと引き締めている点がカッコイイ。YMOヤズーへのオマージュと受け取れる展開も多々あり。

関連アーティスト
TOWER DOORS