コラム

Niw!、〈いま〉を体現し〈次〉提示する若手15組収録のコンピ『NOW NIW NEXT』とYOUR ROMANCEやCURTISSの新作登場

NOW Niw! NEXT
2010年代後半の主役がここから現れる!?

VARIOUS ARTISTS NOW NIW NEXT Niw!(2015)

 この秋、Niw!の関連作3枚が一挙リリースされた。『NOW NIW NEXT』はそのタイトル通り、〈いま〉を体現し、〈次〉を提示する若手アーティスト15組を収録したコンピレーション・アルバム。海外インディー勢の流れに通じるようなファンキーかつグルーヴィーなバンドが多く、国内のシティー・ポップを巡る動きともリンクしているが、そう簡単に一括りにはできないのが本作の魅力である。すでにシーンを賑わせているLUCKY TAPESTeen Runningsの他、パンクな曲調で異彩を放つcar10や、唯一のソロ・アーティストとして仮谷せいらなどが参加。まだ全国的には無名のアーティストも多いが、ゴスペルとエレクトロが融合したようなサウンドがインパクト大のyahyelや、本作では数少ない日本語によるポップスを奏でるPunPunCircle、女子ヴォーカルでオルタナ感のあるshe saidあたりは要注目。これで1,000円という価格は間違いなくお買い得だ。

 

 

YOUR ROMANCE BUSINESS Niw!(2015)

 また、そのコンピにも楽曲が収録されているYOUR ROMANCECURTISSはそれぞれ初の音源集を発表。YOUR ROMANCEはツイン・ヴォーカルを特徴とする5人組のシンセ・ポップ・バンドで、まだ結成からわずか1年という新人。バンド名通りのニューロマ的な雰囲気は、Niw!からのリリースがあるNILE LONGを連想させたりも。

 

 

CURTISS Four Doves Niw!(2015)

 一方のCURTISSも曲によって80年代風のシンセやネオアコ的な雰囲気が顔を出すが、その音楽性はよりエクレクティック。しかし、どの曲でも中心に位置するのは存在感のあるヴォーカルで、インディー・バンドらしからぬスケールの大きさは、Ykiki Beatにも比肩する。果たして、2010年代後半の主役を担うアーティストが、ここから何組現れるのだろうか?

TOWER DOORS