INTERVIEW

Keishi Tanakaとfox capture planがコラボ! 未知なるフィールドへと辿り着いたタッグ作『透明色のクルージング』を語る

Keishi Tanakaとfox capture planがコラボ! 未知なるフィールドへと辿り着いたタッグ作『透明色のクルージング』を語る

 1月に発表したシングル“Hello, New Kicks”も好評なシンガー・ソングライターのKeishi Tanakaと、現代版ジャズ・ロックを標榜する3人組バンドのfox capture plan(以下、fcp)。共に同じレーベル・グループ(DIW)から作品を出している彼らだが、交流を持ったのは昨年、Keishiが自身のセカンド・アルバム『Alley』の収録曲“傘を持たない君と音楽を”のリミックスをfcpに依頼したことがきっかけだったという。その時点ではお互いにデータを送り合うだけだったが、リミックス完成から間もなくライヴで共演。同世代ということもあり意気投合し、このたびコラボ作品『透明色のクルージング』を完成させた。

Keishi Tanaka,fox capture plan 透明色のクルージング Niw!(2016)

fox capture plan,Keishi Tanaka 透明色のクルージング Playwright(2016)

 「2016年はいろんな人と作品を作る年にしたくて、ぜひfcpとやりたいと思ってオファーしたら前のめりでOKしてくれて。結果的にそれぞれのレーベルから2タイトル同時リリースになったのも、彼らの意気込みの表れです」(Keishi)。

 Riddim Saunterの解散後のソロ・アルバムでは、バンドが生み出すケミストリーみたいなものからあえて距離を置き、自身の考えるサウンドを忠実に組み立てていくような作風を提示してきたKeishiだが、今回は4人でスタジオに入り、顔を突き合わせたセッションで曲を制作していったという。インスト・バンドとして活動してきたfcpにとっても、歌ものを一から作り上げていくのは初のチャレンジだった。

 「(Keishiが作詞/作曲した)“透明色のクルージング”はfcpの音や、一緒にステージで演奏した時に感じたイメージに引っ張られて生まれた感覚もあって。歌詞にしても〈構造〉とか〈交錯する〉とか、普段あまり使わない言葉が出てきて」(Keishi)。

 「fcpの3人でやってる時以上にバンドらしい作り方をしたかもしれないし、アレンジは歌詞やメロディーに導かれた部分も大きいと思います。カヴァー曲も含め、新しいことにチャレンジできましたね」(岸本亮)。

 「3人がアレンジをあまりカチッと固めないままレコーディングに向かおうとして、その時に〈大丈夫でしょ。俺たちジャズだから〉って言ってた(笑)。やっぱり即興性に自信があるから、そういう言葉も出てくるんでしょうね。僕自身はfcpに対してロックのイメージを強く持ってたけど、根底にはやっぱりジャズがあるんだなって改めて感じました」(Keishi)。

 ジョン・ヴァレンティ“Anything You Want”などの歌ものカヴァーや、fcpが今作のために書き下ろしたインスト曲“Yellow Counter”からは、彼らがあまりつまびらかにしてこなかったブラック・ミュージックからの影響も浮かび上がってくる。

 「Keishiくんの音楽性って、ソウルやディスコからの影響が大きい。僕ら3人も通ってはいるんですけど、オリジナル曲ではあまり打ち出してこなかった部分で」(岸本)。

 「この2組がコラボすると聞いても、どういうサウンドが出てくるのか想像がつかないと思うんです。そういう意味でも今回は〈透明〉って言葉を使ってて。イメージとしては昼間の月のように、見ようとしないと見えないもの――僕らの音楽も同じで、聴こうとしない人には透明なままだけど、聴いてもらえば僕のメロディーの持つグルーヴがfcpのアレンジと混じり合っていく感じとか、歌詞も交錯していく構造を感じ取ってもらえると思う」(Keishi)。

 「それと僕らに共通している部分があるとすれば、クラブ・ミュージックの影響下にあるということ。そういった音楽と出会った時にはまだ知り合ってなかったのが、こうやって合流して自分たちで新しい流れを作れているのは嬉しいことですね」(岸本)。

 大きな源流は同じところにありつつも、まったく別のルートをクルージングしてきたKeishi Tanakaとfcp。長い航海の末、彼らは未知なるフィールドへと辿り着いた。

 


Keishi Tanaka & fox capture plan
Keishi Tanaka(ヴォーカル)は、Riddim Saunterのフロントマンとして活躍したシンガー・ソングライター。2011年に同バンドを解散後、ソロ活動を開始し、2013年に初フル作『Fill』、2015年に2作目『Alley』をリリース。一方のfox capture planは、岸本亮(ピアノ)、カワイヒデヒロ(ベース)、井上司(ドラムス)から成るインスト・バンド。2011年の結成以来、これまでに4枚のアルバムを含む多数の作品を発表。メンバー各自がソロや別バンドでも活動している。このたび、両アーティストがお互いをフィーチャーし合い、タイトル曲とそのインストを共通トラックに、収録内容の異なる2タイプのコラボ作品『透明色のクルージング』(Niw!/Playwright)を同時リリース。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop