2014.04.02

NYの男女デュオが、フレーミング・リップスビッグ・ボーイ作品への参加を経て3年ぶりにニュー・アルバムを投下しました。これまではオルタナ・ロック由来のギター・サウンドを前に出していましたが、今回はビートを強調し、グライムスがトリップ・ホップ化したような音作りにシフト。カレン・Oウォーペイントを足したような女性ヴォーカルや東洋的なメロディーも相まって、妖しく淫靡な仕上がりですよ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop