松田聖子『Silhouette 〜シルエット〜』大人っぽくあろうとするアーリー聖子のロウな歌唱が楽しめる最後のアルバム

2014.04.25

甘えたキャンディー・ヴォイスという声のキャラが確立される直前、大人っぽくあろうとするアーリー聖子のロウな歌唱が楽しめる最後のアルバム。武藤彩未が取り上げた金字塔“チェリーブラッサム”など、デビュー時から成長を描いてきた三浦の詞も〈変化〉を直接的なテーマに据えており、その集大成として“夏の扉”が開くのも出来過ぎ。これも名盤。
※試聴はこちら

関連アーティスト