2016.02.09

ダウン・トゥー・アースと最近はあまり言わなくなっているだろうか。アーシーなという表現も見かけない。しかし、この前作から10年を経てリリースされたパーカッショニスト、田中倫明のアルバムに収められた音楽には、この表現がぴったりだと思う。ミチアキーノのオリジナルのメロディの描く優しい響きを力強く抱き締める、そんな重力のようなグルーブがこのアンサンブルの魅力ではないか。祈りという言葉のポエティツクな印象を超え、祈りを行為として、執拗に繰り返されるフィジカルなジェスチャーの持つ力を想起させる強い音楽が、このアルバムから聴こえてくる。

※試聴はこちら

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop