テデスキ・トラックス・バンド、いつも以上に黒くて踊れるTTB流モダン・ブルース揃った新作はメンバー共作による初の全曲オリジナル

2016.02.12

3年ぶり3枚目のスタジオ・アルバムはファンタジーへ移籍してのリリースとなった。メンバーの共作による初の全曲オリジナル、そして初の全曲一発録りのせいか、とにかくバンドの一体感やグルーヴが素晴らしい。デレクのギターを柱にして、すべてのパートが有機的に絡み合っているのだ。ファンクっぽいカッティングが効いた“Don't Know What It Means”など、今回のTTB流モダン・ブルースはいつも以上に黒くて踊れるぞ!

TOWER DOORS