インタビュー

がんばれ!Victory、〈平成オールドロック〉を旗印に逞しく成長してきた10代の集大成な初アルバム『十代発表』を語る

がんばれ!Victory、〈平成オールドロック〉を旗印に逞しく成長してきた10代の集大成な初アルバム『十代発表』を語る

バンド活動に青春を捧げ、〈平成オールドロック〉を旗印に逞しく成長してきた愛すべき5人が、10代の集大成となる初アルバムでホームランをかっとばす!

がんばれ!Victory 十代発表 ポニーキャニオン(2016)

 昨年5月にメジャー・デビューした5人組ガールズ・バンドのがんばれ! Victoryが、ファースト・フル・アルバム『十代発表』を完成。これまでのシングル曲やメンバーが手掛けた楽曲など、直球のハード・ロックから可愛らしいポップ・チューンまで、現時点での彼女たちの魅力がたっぷり詰まった作品となっている。

 「みんな20歳になったので、10代で学んだり、活動してきたことの集大成にしようと思ったんです。私たちの掲げる〈平成オールドロック〉が、このアルバムを聴けばわかっていただけると思います」(しのぶ、ベース)。

 「曲順はメンバーで考えたんです。“WONDER JOURNEY”の歌詞は始まりの感じがあるので1曲目にしようとか、最後は“また明日”が合うなとか」(みなみ、ギター)。

 「アルバム制作でスキルも上がったと思います。アッパーな曲が多いけど、ミディアムやバラードもやって、改めて自分のリズムの癖や気をつけなきゃいけないところがわかりましたね。あと、いつもはアレンジャーさんがフレーズを固めてくれてたけど、今回ドラムは完璧に自分で固めたんです」(まゆこ、ドラムス)。

 「歌詞のテーマが〈恋愛〉や〈夢〉だったり、ジャンルもポップな曲からバラードまであって、歌う時の感情のコントロールがすごく鍛えられました」(あやき、ヴォーカル)。

 「新しいテクニックを使ったり、エフェクターをいじったり、全体的にチャレンジが多かったです。それと初めてのアルバムで自信作と思えたのも幸せだし、これから演奏していくごとに、もっと楽曲の色付けが変わっていくんだろうなって思いました」(れな、ギター)。

 ハードかつソリッドな“WONDER JOURNEY”、ドライヴ感溢れる“ボクラノミライ”、ニコニコ生放送を通じてファンと作り上げたというスラップの唸る“三三七拍子”、高校時代の曲“Scarred”など、まさに彼女たちが10代に培った音楽とその軌跡を刻んだ作品だ。さて、彼女たちは全員が曲作りできるのも武器。普段、音楽を聴くときも、自身のプレイや楽曲制作の糧とすることを意識しているという。

 「コーンレッド・ツェッペリンレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとか、洋楽のハード・ロックやミクスチャーを聴きますね。コーンのレイ(・ルジアー)とか基本パワー・プレイのドラマーが好みで。スイサイダル・テンデンシーズにいたブルックス・ワッカーマンも好きなんですけど、難しくて叩けないんです。でも、どういうヘッドを張ったらこの音になるんだろうとか考えます」(まゆこ)。

 「私はレッチリフリーが憧れです。うちのバンドは(ライヴで)みんなが動くから、自分も動かないと目立てないので〈私はフリーだ!〉と言い聞かせてライヴに臨んでます(笑)」(しのぶ)。

 「私はニルヴァーナカート・コバーンが大好きです。映画(「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」)も観たんですけど、雑音みたいなデモから曲に仕上げるのがすごいなって」(みなみ)。

 「キッスは安定して好きですけど、最近はフー・ファイターズを聴いてますね。曲作りのときに、あの雰囲気を出せたらとか考えたりします」(あやき)。

 「エアロスミスが好きなんですが、今回バラードを書くときはレディオヘッドU2とか、音の広がりのすごいものを聴いてました。割とクランチめのギターも好きだなって。でもいまは反動でアリス・クーパーとか濃いのを聴きたいです(笑)」(れな)。

 音楽に対して貪欲な彼女たち。その探求の旅は本作を経て今後さらに加速していきそうだ。

関連アーティスト
TOWER DOORS