2016.04.18

2014年に惜しまれつつも解散したスミス・ウェスタンズのフロントマンによる初のソロ・アルバム。ガールズの好敵手とも目されたバンド時代のギター主体な作りから、リヴァーブをたっぷりかけたシンセ・サウンドに移行しているものの、ナイーヴでノスタルジックな世界観は変わらず。テーマは〈ダーク・ポップ〉だそうで、ファンの裏側というか、青春の闇を見事に切り取っています。ダイヴの次はこれ!

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop