PR
インタビュー

キーウィ・ジュニア(Kiwi Jr.)『Football Money』カナダの愛すべきインディー・バンドは、世のサラリーマンを称える

(左から)マイク・ウォーカー、ブローハン・ムーア、ジェレミー・ゴーデット、ブライアン・マーフィ
 

多文化主義国家として知られるカナダは、近年のポピュラー・ミュージックではドレイクやウィークエンドなどの出身地として有名だが、インディー・ミュージックの舞台としても重要な場所となっている。たとえばアーケイド・ファイアやグライムスは、ゼロ年代以降の最重要インディー・アーティストと言っても過言ではない。近年でもメン・アイ・トラストやクラック・クラウドなどが大きな話題を生んだように、カルチャーへの感度が高いその国からは、クリエイティヴでDIYなマインドを持つ良質なアーティストが次々と誕生している。

今回、メール・インタビューを実施したキーウィ・ジュニアはカナダのトロントを拠点に活動。太陽のようにキラキラとしている音色と、身近なものや出来事への鋭い観察眼が生んだウィットに富むストーリーテリングのセンスを持つ彼らは、今もっともホットなインディー・ロック・バンドと言えるであろう。

パーケイ・コーツを想起させる風変わりなパンク的質感。ペイヴメントのような中毒性の高いキャッチーさ。そしてヴューのように一瞬で沸点まで持っていける爆発力。そうした要素が合わさったキーウィ・ジュニアの音楽には、特有の魅力がある。オールウェイズのベーシスト、ブライアン・マーフィがギタリストとして参加しているという点でも話題になっているバンドだが、サイド・プロジェクトという捉え方はしないほうがいい。

今年の1月にセカンド・アルバム『Cooler Returns』をサブ・ポップから発表したキーウィ・ジュニアだが、さらに4月にファースト・アルバム『Football Money』(2019年)に未発表曲を加えた同作の日本限定デラックス・エディションをリリースした。今回のインタビューでは、両アルバムのエピソードはもちろんのこと、サブ・ポップとの契約背景や使用している12弦ギターへのこだわりなどについても答えてもらった。また、彼らの代表曲“Salary Man”に〈オレンジ味の日本産タバコを吸いたい〉という歌詞があるので、日本への印象、来日公演が実現したらやりたいことなどについても語ってくれている。

KIWI JR. 『Football Money』 Persona Non Grata/RIMEOUT(2019)

 

12弦ギターはバンドのアイデンティティーのひとつ

――まずキーウィ・ジュニアというバンド名の由来について教えてください。あなたたちの音楽の持つポジティヴなエネルギーにピッタリな名前だと感じました。

ジェレミー・ゴーデット(ヴォーカル/ギター)「短くて響きが良い単語だったから使ったんだよ。〈キーウィ〉って鳥でもあるし、果物でもあるけど、良いイメージしかないよね。〈ジュニア〉は後から付け足したんだけど、〈物足りない〉という意味合いを込めたんじゃないかな」

――あなたたちの出身地はプリンス・エドワード島だそうですね。そこからトロントに拠点を移した理由は?

ジェレミー「いや、バンドを始める数年前からトロントに移り住んでいたから、音楽活動が理由ってわけじゃないんだ。メンバー各々の理由ってところだね」

――トロントのシーンの中でシンパシーを感じたり交流の深かったりするアーティストはいますか?

ジェレミー「そうだね、名前を挙げるとすると、ファックト・アップやオールウェイズ、サハラ(Sahara)、ダックス・リミテッド(Ducks Ltd.)、トンズ(Tuns)、キャリア・スーサイド(Career Suicide)かな」

――あなたたちがSpotifyで公開しているプレイリスト〈Kiwi Influences〉にはパーケイ・コーツの楽曲が入っていました。彼らは音楽的にもあなたたちと比較されることが多いバンドだと認識していますが、特別な意識はありますか?

ジェレミー「バンドを始めた頃からパーケイ・コーツのことは大好きなんだ。ライブも何度か観たことがあるけど、最高だよ。彼らのようなサウンドにしたいなと思ったことはないけど、間違いなく影響を受けていると思うよ」

――ジェレミーは12弦ギターを使用していますよね。使うようになったきっかけはありますか?

ジェレミー「ジョニー・マー、ゴードン・ライトフット、デヴィッド・ボウイ、ロジャー・マッギン、ジェイムズ・ハニーマン・スコットとか、僕の大好きなギタリストたちが12弦ギターを使っていたんだよ。僕たちのバンドは当初3人組だったから、12弦ギターを使えば上手くサウンドを埋めることができると思った。

それから2人目のギタリストを入れたんだけど、そのときにはすでに12弦ギターのサウンドが僕たちのアイデンティティーの一部になっていたので、そのまま使い続けているんだ。その形に慣れるまでに少し時間は掛かったけど、やり始めてからは基本ライブでも12弦を使っているよ」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS