2014.05.14

名作『Vibrant Forms』もリイシューされたばかりなダブ・テクノ・シーンの古参、フラクションが今度はエコーコードから新作をドロップです。今作では既存のダブ・テクノの枠から飛び出したアプローチが見られ、淡々と沈み込むこれまでのイメージも残しつつ、リズム&サウンドを思い起こさせるヴォーカル入りのレゲエ・トラックを随所に配置したり、物憂げなピアノ・トラックがあったりとヴァラエティー豊かに。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop