ジョーイ・バッドアスら推進するビースト・コースト・ムーヴメントの最右翼、フラットブッシュ・ゾンビーズの初作は既発ミクステ踏襲するサイケな一大巨編

2016.05.23

死後の世界からやってきた3名のゾンビたちによる紫煙オデッセイが完成。ジョーイ・バッドアスらが推進してきた新世代ブルックリン・シーン、いわゆる〈ビースト・コースト・ムーヴメント〉の最右翼ともいえるフラットブッシュ・ゾンビーズによる待望のファースト・アルバム。コケティッシュでグロテスクな“Thug Waffle”のMVデビューからすでに4年強。これまでに発表されたミックステープ2作の路線を踏襲する、ミーチ・ダーコゾンビ・ジュースの倒錯したフロウを引き立てる全編のトラックは、(3人目のMCとしてマイクも握る)エリック・アーキテクト・エリオットの手によるもの。乾いたドラム・サウンドが印象的な“R.I.P.C.D”やトランペットの音色がセンチメンタリズムを引き立てる“A Spike Lee Joint”あたりは彼のベスト・トラックか。かつ、“Ascension”で爆発するゾンビたちのスモーキーな煙霧ヴァイブスは狂気の域! サイケデリックな一大巨編、チルしながら楽しむべし。


[English Translation]
Three zombies coming from the world after death have completed the smoking odyssey ― the long-awaited first album of Flatbush Zombies who are regarded as the strongest contender in the so-called ‘Beast Coast Movement’; the new-generation Brooklyn scene promoted by musicians such as Joey Badass. It’s already over four years since their debut with the coquettish and grotesque music video of “Thug Waffle.” All of the tracks throughout the whole album, which highlight Meechy Darko and Zombie Juice’s twisted flows following the trail that are seen in the two mixtapes they have released in the past, are produced by Erick the Architect Elliott (who also raps as the third emcee). “R.I.P.C.D” with the remarkable dry drum sounds, and “A Spike Lee Joint” with the sentimental trumpet timbre may be positioned as his best tracks. In addition, those zombies’ smoky and hazy vibes exploding on “Ascension” are off the hook insane! This is a great collection of psychedelia. Sit back, chill and enjoy.

TOWER DOORS