TOWER DOORSブログ

kycohにTOWER DOORSから6つの質問 ポスト・ロックからシューゲイザー、ダブステップまでダイナミックなサウンドの新世代バンド

kycohにTOWER DOORSから6つの質問 ポスト・ロックからシューゲイザー、ダブステップまでダイナミックなサウンドの新世代バンド

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主役はkycoh(カイコー)です。TOWER DOORSは彼らの楽曲“Life-size”を紹介しています。

kycohは、2019年から東京を拠点に活動する4人組のバンド。デビューEP『WOKE』をタワーレコードの店舗限定で販売し、今回の“Life-size“がAmazon Musicによる次世代アーティストのプレイリスト〈Weekly One〉に選出されるなど、いま注目を集めているアーティストです。

彼らのサウンドのおもしろさは、多様なジャンルを組み合わせたその音楽性。ベースはポスト・ロックやシューゲイザーなどを織り交ぜたバンド・サウンドですが、アンビエントやダブステップまでをも取り入れており、荘厳でダイナミックな展開には胸を打たれます。バンドでありながらも〈バンド〉という枠に収まらないのがkycohの魅力です。

さらに、力強くも優美で落ち着きのあるヴォーカリスト・足立ヒロキの歌声にも注目です。ファルセットを駆使して聴き手を酔いしれさせる一方、オートチューンによって変調した歌を聴かせる楽曲もあり、ヴォーカリゼーションや歌の響かせ方の多様さに驚かされます。

そんなkycohは、2020年9月9日(水)にリリースされるコンピレーション・アルバム『S.W.I.M. #1 -polywaves-』に参加。同作は、音楽シーンに新たな波を立てるアーティストをリスナーのもとに送り出す、ULTRA-VYBEによる新プロジェクト〈S.W.I.M.〉の第1弾です。これも、kycohが期待のニューカマーである証拠でしょう。

今回は、注目のkycohに〈6つの質問〉を投げかけました。質問には、メンバーのHiroki AdachiとGentokuが回答してくれました。

TOWER DOORS