インタビュー

SUMMIT『Theme Songs』SIMI LABやPSGを擁する最重要ヒップホップ・レーベルの歩みを、初のポッセ・カットを機に振り返る

【特集:Reaching the SUMMIT】Pt.1

SUMMIT『Theme Songs』SIMI LABやPSGを擁する最重要ヒップホップ・レーベルの歩みを、初のポッセ・カットを機に振り返る

SUMMIT time
眺望は最高! 日本のヒップホップを盛り上げる重要レーベルの歩み

 祝6周年!……ってことは、つまり何の区切りでもないわけだが、ここ最近のヴァラエティー豊かなリリース・ラッシュを思えば改めて注目すべきタイミングが来ているのは間違いないだろう。PSG、RAU DEF、SIMI LABを擁した2011年の設立時からマイペースに話題作を投下してきたヒップホップ・レーベル、SUMMIT。以降は紆余曲折ありながらも、現在はTHE OTOGIBANASHI'SやBLYY、C.O.S.A.、TWINKLE+、そしてVaVaも在籍する信頼のブランドへと成長している。今回は所属ラッパーたちによる話題のポッセ・カット“Theme Song”がシングル・リリースされたのを記念して、同曲のプロデュースを務めたOMSB(SIMI LAB)も交え、レーベル代表の増田岳哉に話を訊いた。

SUMMIT Theme Songs SUMMIT(2017)

 

次世代を発掘するレーベル

 そもそもSUMMITはファイルレコード在籍時にA&R担当としてPSG、RAU DEF、QNなどを送り出した増田が立ち上げたレーベルだ。思い起こせば、新進気鋭だったPSGの『David』(2009年)が大きな話題を呼び、その一角を担うPUNPEEの全面プロデュースしたRAU DEFのデビュー作『ESCALATE』(2010年)も高い評価を獲得。そして、2009年末に“WALK MAN”のMV公開で脚光を浴びていたSIMI LABからまずQNが『THE SHELL』(2010年)でソロ・デビューを果たし……というタイミングでのレーベル設立だったわけだ。

増田「ちょうどEarth No Madのアルバムを作りはじめるぐらいの頃ですね。ファイルを辞める時に社長の厚意で〈お前から声をかけていいよ〉って言っていただいて、みんなに声をかけた結果、PSGとRAU DEF、SIMI LABの3組が所属することになって」

OMSB「当時は〈これが青田買いってやつか!〉ってテキトーに考えてました(笑)」

増田「ファイルにいた当時からOMSBのソロとSIMI LABのアルバムも出したいと思ってたんです。最初は相当ウサン臭いと思われてたみたいですけど。最初って2009年のUNDERBARやんね? QNのライヴに行った時に初めて喋って」

OMSB「当時はもう自分の中ではクソ尖ってる時期で、そもそも〈もう関係ねえよ、大人は〉とか、そんぐらいの感じだったから、誰を見てもウサン臭く見えるっていう(笑)。でもCDは出したいし、気になるわ~みたいな感じだったっす」

 なお、〈頂上〉を意味するレーベル名は「山登りの本とかをよく読んでて、小さくても自分なりの山みたいなのができたらいいなっていうのが何となく頭にあって。それでRAU DEFと地方に行った帰り道にスーパーのサミットがあったからRAUに〈SUMMITってどう思う?〉って訊いたら、〈ああ、シャウトしやすい〉みたいな返事だったので、それで決めた感じ」(増田)だそう。

 そして、Hi'SpecとJ.T.Fの限定盤『Round Here: Mix Tape』を皮切りに快調なリリースを始めたSUMMITだったが、2012年にはQNがSIMI LAB脱退に伴って離脱、RAU DEFもレーベルを去っている。とはいえ、それに前後してTHE OTOGIBANASHI'Sを迎えて以降、次世代アクトを送り出すというSUMMITのカラーはいっそう強まり、高水準を保って作品を重ねてきたのは衆知の通り。そうして集まった個性を束ねたのが、今回のポッセ・カット“Theme Song”ということになる。

TOWER DOORS