いま聴いておきたい最高の夏皿たち!

MALUMA F.A.M.E. Sony Latin(2018)

髪を伸ばして一段と男前になったマルーマ。W杯曲のお返し客演となるジェイソン・デルーロ参加曲や、ラテン界隈の作品で名前を見る機会が増えたティンバランド製の“Mi Declaracion”など、近年の主流となっているしっとり系のレゲトン~バチャータをメインに据え、真夏の夜の夢へと貴女を連れ出します。 *山西

 

LUIS FONSI Despacito & Mis Grandes Exitos Universal Latino(2017)

同郷のダディ・ヤンキーとコラボした“Despacito”の現象化によって世界に名を広めたプエルトリコのスター。このベストには同曲のジャスティン・ビーバー入りリミックスをはじめ、アフロジャックとの“Wave Your Flag”などクロスオーヴァー・ヒットが満載。レゲトンもサルサもバラードも滑らかに聴かせる好漢ぶりだ。 *轟

 

FARRUKO Trapficante Sony Latin(2017)

プエルトリコの俊英による現時点での最新作で、ヒップホップ・リスナーにも推薦したいレゲトン~ラテン・トラップの最先端スタイルがひしめく一枚。バッド・バニーとロシアンを交えたミーゴス風味の大ヒット“Krippy Kush”が強力なほか、フェティ・ワップをフィーチャーした“Losing Control”も聴きモノだろう。 *出嶌

 

SEBASTIAN YATRA Mantra Universal Latino(2018)

ブチ上げ系のレゲトンに定評のある若きシンガーが、この公式デビュー作では泣き濡れたピアノ・バラードにも挑戦。インド風味を練り込んだ冒頭曲など、タメの効いた歌唱でジラしてくるテクからも遊び人風情が感じられ、やっぱり夏のアヴァンチュールはこれくらい濃密で刺激的な相手じゃないと! *山西

 

OZUNA Odisea Sony Latin(2017)

膨大な客演仕事をこなしてきたプエルトリコの新星。この初作ではJ・バルヴィンやニッキー・ジャムら先輩もお祝いに駆け付け、でっかい花火を打ち上げています。浮遊感のある媚薬トラップを筆頭に、USアーバン好きにも聴いてほしいトレンディーな曲だらけで、夏休みが終わる頃に到着予定の次作も楽しみ! *山西

 

REYKON El Lider Warner Latina(2018)

コロンビアのレイコンはJ・バルヴィンと同世代のレゲトン・シンガー。ジェントルで甘い歌い口は共通するもので、“Mala”がヒットしたこの最新アルバムにはニッキー・ジャムやザイオン&レノックスら先達も迎えつつ、サルサやバチャータ風のソフトな楽曲にこそマイルドな美声の持ち味を遠慮なく注いでいる。 *出嶌

 

CNCO CNCO Sony Latin(2018)

オーディション番組から登場した5人それぞれ出身国が異なる中南米ボーイズ・グループの2作目。リトル・ミックス入りのリミックスも生んだ昨年の爆発的なヒット“Reggaeton Lento”をはじめ、ラテン・アーバンの王道を行く佳曲揃いだ。〈Japan Edition〉は初作『Primera Cita』からのヒットも追加したマッシヴな22曲入り! *轟

 

DJ FUMI★YEAH! LATIN FEVER mixed by DJ FUMI★YEAH! ユニバーサル(2018)

ラテン・ポップ~レゲトンをテーマにしたミックスCDもいろいろ登場している昨今だが、DJ FUMI★YEAH!が著名曲のラテン・リミックスやEDMも絡めて流れを作った本作は、多ジャンルに息づくラテンの熱がわかりやすく束ねられた楽しい一枚だ。ダディヤンの最新ヒット“Dura”などツボを押さえたチョイスも嬉しい。 *轟

 

JINTANA & EMERALDS Summer Begins Pヴァイン(2018)

『SWEET MACHINE』にも参加したPPPのJINTANAとKASHIF、さらにXTAL、そしてMAMI、一十三十一、カミカオルという麗しいシンガー陣によるネオ・ドゥワップ集団。久々の新曲となるこの7インチはMr.MELODYと合体したパーカッシヴな新境地に。B面のラーズ“There She Goes”カヴァーも夢心地で危険すぎる! *出嶌

 

YU-DAI Summer Time Inspiration2 TastingHeadzProduction(2018)

かの“Summer Madness”的なエレピの幕開けで一気に夏気分が加速する、茨城のビートボクサー/トラックメイカーが放った新作。日暮れと共にレイドバックしたグルーヴに乗ってダラダラと地元の街を徘徊し、ピークタイムには〈Diwali〉風のオケでドンチャン騒ぎ……と、不良の一夜を実録したような内容です。 *山西

 

NITS aka N°22 KING & QUEEN LS MUSIC(2018)

420 FAMILYや22&GAZZILAでも知られた奈良の22が改名してDJ PMXやDJ 2HIGHらと7曲入りEPを完成。冒頭の“Summer Breeze”から夏映えGファンクを徹底し、盟友GAZZILAが駆けつけた“今夜だけは”、トークボックスの絡む“LADY JANE”をスムースに聴かせる。アコースティックな“夏のせい...”にグッとくる! *轟

 

SKYMARK Virtual Star Modern Sun/Pヴァイン(2018)

4年前の『Primeiras Impressoes』が好事家に愛されたブラジリアン・アーバン・ブギー・スピリチュアル・グルーヴァーの新作は、またも日本独自のCD化。エレピと縦横無尽なキラキラと深いリヴァーブと硬質なマシーン・ビートが溶け合い、ひたすら空間をグッド・ヴァイブに染めていくジャケ通りの一枚です。 *轟

 

LUI Lui Maui Surf/Pヴァイン(Pヴァイン)

ジャケを載せたかっただけ……ではないハワイアン作品が紙ジャケ仕様でCD化。マウイ・サーフというリゾート・ホテルで演奏していたルイ・ウィリアムズが唯一録音したアルバムで、本土の流行にも影響されながら潮風を浴びて独自に進化した“Oh, Oh(I Think I'm Fallin' In Love)”などのオリジナルがいい湯加減です。 *轟

 

MADKID Summer Time コロムビア(2018)

今年1月にメジャー・デビューした5人組ボーイズのメジャーでの2枚目のシングル。爽やかな歌唱やアレンジと男らしいラップのコントラストも効いた表題曲は、直球の眩しいサマー・ヴァイブを醸している。LITTLEを迎えたカップリング“Forever Young”はしなやかなニュー・ジャック・スウィング仕立てで、こっちも絶妙! *出嶌

 

FlowBack SUMMER TRIP キューン(2018)

ヴァンプスと共鳴するようなトロピカル・ハウスなど、現行の欧米ポップと比べてもまったく遜色のない楽曲を並べたこのEPは、5人のユニゾンに胸騒ぎが抑えられなくなる仕上がり。ロッキッシュに攻めてくるORANGE RANGE“イケナイ太陽”のカヴァーを聴いたら最後、不道徳な恋に溺れたくなりそう。 *山西

 

CYBERJAPAN DANCERS Summer Summer ユニバーサル(2018)

全国のクラブで活躍するセクシーでパワフルな美女ユニットも一昨年の“BIKINI SIZE”から夏のシングル・リリースが恒例化。今夏を彩るこの最新シングルはCarlos K.と岡嶋かな多の手掛けたEDMテイストの歌って踊れるナンバーでイメージ以上に清純な内容なのもキュートなです。Mitomi Tokotoのリミックスも収録。 *轟

 

Mrs. GREEN APPLE 青と夏 ユニバーサル(2018)

大森元貴がヴァンプスのライヴに飛び入りするなど、海外の同世代を意識しながら進化を図ってきたミセス。このニュー・シングルは人気コミック原作の映画「青夏 きみに恋した30日」の主題歌という主旨もあって、初期の姿に回帰したような爽快ロック・ナンバーになっている。井上苑子を招いたバラードも収録。 *轟

 

5 SECONDS OF SUMMER Youngblood Hi Or Hey/Capitol(2018)

パンキッシュな音でバカ騒ぎする季節は過ぎ去り、全員が20代に突入して最初に送り込んだこのアルバムは、ニューウェイヴ由来のメランコリック&ロマンティックなムードで包まれた出来映えに。複雑な恋愛に悩み悶えるムンとした熱帯夜のお供には、ポリス風の哀愁レゲエ・ロック“Talk Fast”をぜひ。 *山西

 

SILENT SIREN 19 summer note. ユニバーサル(2018)

タイトル通りのサマー・ソングに仕上がったニュー・シングルは、〈大人でも子どもでもない19歳のひと夏〉をテーマに威勢良く奏でられる甘酸っぱい青春ポップ・チューン。カップリングでは配信シングルとして話題になっていた“天下一品のテーマ”が待望のCD化。これが凝ったMVも含めて意表を突く味わい。 *轟

 

平井大 WAVE on WAVES avex trax(2018)

レイドバックした生音ポップで夕暮れ時のビーチに心地良い気怠さを届ける夏男。でも、今年の彼はそれだけじゃなく、ブルーノ・マーズ系の24金ファンクや、エリック・クラプトン版に近い“I Shot The Sheriff”のカヴァーをはじめとするロッキン・チューンなど、ギラギラとアグレッシヴに攻める場面も! *山西

 

TAKAFIN TAKAFIN ACOUSTIC REGGAEJAM VOL.2 Back Yaadie/MJR(2018)

昨年にアコースティックEPを発表して以降、Ryo-Fuや弁慶との生音ライヴにも精力的に取り組んできたTAKAFIN。この第2弾では息の合ったアンサンブルを背に、自身の代表曲をリメイク。いつものストロング系ではなく、カズーも交えて陽気に歌う姿は、子どもたちよりもはしゃいでいる夏休みのパパみたいだな~。 *山西

 

RAM HEAD,DIGITAL NINJA LOVE SICK DISCO DIGITAL NINJA(2018)

初の共同名義盤とはいえ、過去に何度も絡んできた歌い手とトラックメイカー同士だけあって相性の良さは言うまでもなく。“あのひとこと”での開放的なソカのビートと切ない歌詞のコントラストが何とも眩しく、他にもハード系からメロウ路線まで取り揃え、おまけにキザなロボ声でエロい寝汗もかけます。 *山西

 

Likkle Mai Rise Up MK STARLINER/Hanx(2018)

キャリアを重ねるごとに歌の説得力を増し、いよいよ中島みゆきのようなオーラも出てきた印象がある、4年ぶりのニューEP。ロブ・スミス製の“VICTORY SKANK”や中川敬がコーラスを添えた反戦歌など、燃え盛る太陽よりも熱いレベル精神を突き付けてくる屈強なレゲエ音楽。浮かれるだけが夏じゃない! *山西

 

VARIOUS ARTISTS Club Tropicana: Non-Stop The '80s Disco Pop ソニー(2018)

「サタデー・ナイト・フィーバー」日本上陸40周年を祝い、ディスコ絡みの諸作が相次ぐ2018年。これはワム!の“Club Tropicana”を筆頭にニューロマやファンカラティーナ、ユーロビートを軸にした、ありそうでなかった切り口のミックスCD。壮年世代のナンパな夏の思い出ソングブック(?)に終わらない新鮮な甘酸っぱさ! *出嶌

 

CON BRIO Explorer Transistor Sound/Pヴァイン(2018)

フェス巡業で大忙しなシスコのファンク楽団による2作目は、フィリップ・フィリップス仕事で有名なデレク・フールマンを新パートナーに迎えて泥臭さをアップ。スコーンッと抜けるホーンと、ブルーノ・マーズをロック寄りにしたような歌が気持ち良く、BBQなど野外の楽しい時間を盛り上げてくれそうです。 *山西

 

MARKUS SCHULZ,GABRIEL & DRESDEN,ANDY MOOR In Search Of Sunrise 14 Black Hole(2018)

プログレ・ハウス~トランス・シーンで活躍する3組がそれぞれDJミックスを担当した3枚組のミックス・コンピレーション。どれも各々がメロディアスな昂揚感を満載するなか、フェリー・コーステン&オークンフォルドの最新曲“A Slice Of Heaven”などに自曲も絡めて陶酔へと引き込むマーカス・シュルツのチョイスは流石。 *轟

 

CITRUS SUN Ride Like The Wind Dome/Pヴァイン(2018)

もともとインコグニートのブルーイがインスト・プロジェクトとして結成し、形を少しずつ変えながら断続的に動いてきたバンド。フュージョン風味もまぶしてブラジル音楽愛をグルーヴィーに表現したこのブリージンな新作では、日野皓正“Send Me Your Feelings”やマルコス・ヴァーリ&リオン・ウェア曲も披露! 爽快! *轟

 

VARIOUS ARTISTS TROPICAL LOVE 3 THE BEST MIX of SUMMER R&B×HOUSE Manhattan/LEXINGTON(2018)

トロピカル・ハウス寄りのものも含みつつアイランド系のR&Bやサンスホール、レゲエ・フュージョンなどで広い意味でのトロピカル気分を織り成し、夏の恒例となったミックス・シリーズ最新弾。ポップカーンを招いたアイヴィー・レイン“One You Love”から25曲、気持ち良いリゾート感とリッチな歌心に酔わされます。 *轟