INTERVIEW

(サンディ)アレックス・G((Sandy) Alex G)、フランク・オーシャンも惚れ込む若きSSWの実像

フォークもエレクトロニカも聴こえる新作『House Of Sugar』インタビュー

Photo by Sandy Tonje Thilesen

フォークでローファイでエレクトロニックなアレックス・Gの音楽

2019年9月12日、(日本時間では)早朝。ダニエル・ジョンストンの訃報が届けられたTwitterのタイムラインでは、ミュージシャンや音楽ファン、ライターたちが続々と追悼の投稿をしている。それを見ながら、なんとなく(サンディ)アレックス・G(以下、アレックス・G)のことを思った。彼の音楽は、ジョンストンのパーソナルでアウトサイダー的なベッドルーム・フォークとどこか似ているからだ。

アレックス・Gの音楽はとてもユニークだけれど、同時に過去のさまざまな音楽を思い出させる。フォーク、カントリー、もちろんロック、それにローファイやエレクトロニック・ミュージック……ジャンルもごちゃまぜだ。

彼の作品は、一聴してローファイ・フォークがゆったりとした調子で歌われているだけのようにも感じる。が、注意深く耳を傾けてみると、いくつもの層が重なっていることに気づく。上に書いたようなジャンルの断片が見え隠れするし、しかも、どこか奇妙にゆがんでいる。そして、彼のそんな独特の音楽世界は、このたびリリースされたすばらしい新作『House Of Sugar』で、ひとつの極点に達しているように思う。

英名門インディー・レーベル、ドミノからの3作目。とはいえ、アレックス・Gというシンガー・ソングライターと彼の作品については、まだまだ日本のリスナーにしっかりと紹介されていないように感じる。ということで、本稿ではアレックス・G本人へのインタヴューを引きながら彼の魅力を伝え、さらにはどんな音楽家であるのかを考えてみたい。

(SANDY) ALEX G House Of Sugar Domino/BEAT(2019)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop