コラム

何故こんなにも心を掴まれるのだろう? ケルト音楽の祭典〈ケルティック・クリスマス〉の観どころを紹介

(左から時計回りに)シャロン・シャノン、タリスク、ウィ・バンジョー・スリー
 

約20年続いてきた、いまでは冬の風物詩として定着しているケルト音楽のフェスティヴァル〈ケルティック・クリスマス〉が今年も開催。11月30日(土)より福井、神奈川、長野、東京の4か所で行われる。街は慌ただしく騒々しい季節だが、この日ばかりは、いや、それを前後とした数日間は特別な時間の流れに身も心も任せ、何処か懐かしく、それでいて新鮮な音楽にたっぷり浸ることができる。

しかも今年は、すっかりお馴染みになったアイルランドのシャロン・シャノン、一昨年の来日公演がちょっとした伝説と化したウィ・バンジョー・スリー、そして、今回初参加となるスコットランドのタリスクが登場。いずれも、ライヴ・パフォーマンスが評判のアーティストたちだ。生気に満ちた、躍動感みなぎる音楽で会場を満たし、ライヴの楽しさを存分に実感させてくれることだろう。ここでは、公演を控える各出演者のプロフィールと、ライヴへの展望を紹介していこう。

※福井公演のみシャロン・シャノンとタリスクの2組での出演

 


シャロン・シャノン

シャロン・シャノンは、人気、実力ともにアイルランドでは群を抜くアコーディオン奏者だ。アコーディオンの他に、フィドルやティン・ホイッスルもこなす。アイルランドの西部に位置するクレアの出身で、幼い頃からアイリッシュ・トラッドに馴染んでいたが、マイク・スコット率いるバンド・ウォーターボーイズへの参加を通じて、彼女の音楽の視界も広がっていく。

※アイルランドを発祥とする縦笛

91年、そのマイク・スコットやU2のアダム(・クレイトン、ベース)、ホットハウス・フラワーズのリアム・オメンリィらが参加して、デビュー・アルバム『Sharon Shannon』を完成、それが大評判となった。その後も、国境を越えて活躍。音楽のジャンルもケイジャン、レゲエ、クラシック、ヒップホップと幅広く扱い、それに伴って、U2のボノ、シネイド・オコナー、チーフタンズ、アリソン・クラウス、ウィリー・ネルソン、ジャクソン・ブラウン、カルロス・ヌニェスなど、交流も実に幅広い。

2008年には、“The Galway Girl”がアイリッシュ・サイダー〈マグナーズ〉のCMに使用され大ヒット。シングル・チャートで5週連続1位に輝き、同年のシングルで最多の売り上げ、年間の音楽配信ダウンロード数のいずれでも1位を記録する。それを機に、アイルランドの国民的な人気を誇るまでになったが、人懐っこく、飛び切りの笑顔は相変わらずだ。

“The Galway Girl”のパフォーマンス映像。同曲はスティーヴ・アールとの共作曲で、もともとはアールの2000年作『Transcendental Blues』、シャロン・シャノン&フレンズ名義の2008年作『The Diamond Mountain Sessions』に収録されたもの。そのほか、シャロンの2013年のベスト・アルバム『The Galway Girl: The Best of Sharon Shannon』にも収録
 

最新作としては、『Live In Minneapolis』(2019年)がある。2017年11月のミネアポリスでのライヴの模様を収録したもので、2000年代に入ってからはほとんど一緒に活動している仲間たちと共演したものだ。来る〈ケルティック・クリスマス〉でも、彼女が何故こんなにも多くの人たちの心をつかみ、世代を超え、性別を超えて愛されるのか、改めて実感できるライヴになるはずだ。

関連アーティスト
TOWER DOORS