COLUMN

ウィ・バンジョー・スリー、パンチ・ブラザーズ……柳樂光隆が解説、いま新鮮なアンサンブルを聴かせるブルーグラス・バンド

ウィ・バンジョー・スリー
 

Mikikiでも先日特集記事を掲載したケルト音楽のフェスティヴァル〈ケルティック・クリスマス 2019〉。いよいよ11月30日(土)より開催される同イヴェントに出演する4人組、ウィ・バンジョー・スリーは12月4日(水)に大阪・梅田CLUB QUATTRO、12月5日(木)に東京・渋谷CLUB QUATTROの2か所で単独公演も予定されている。ここでは、音楽批評家の柳樂光隆が、ウィ・バンジョー・スリーのほかパンチ・ブラザーズなどいま魅力的なサウンドを鳴らしているブルーグラス界隈のアーティストと、そのサウンドの音楽的な面白さを解説したコラムを掲載する。 *Mikiki編集部

 


ハイブリッドな音楽を作る手法がいちいち現代的なパンチ・ブラザーズ

2010年代の音楽シーンを振り返ったときにパンチ・ブラザーズを知ったことはかなり大きなことだった。ブルーグラスのシーンからオルタナティヴな才能が出てきていて、面白くなっているという話は高橋健太郎さんが書いていたのを読んで知ってはいたし、それ以前にもジャズ・ミュージシャンと共演する異色のバンジョー奏者がいたりもしたわけで、決して縁がないわけではなかった。ただ、そんなに身近な話と言う感じがしなかったから、踏み込めずにいた。

それがパンチ・ブラザーズの登場により一変してしまった。クリス・シーリ(マンドリン/ヴォーカル)らによりアメリカで結成され、NYを拠点に活動しているこの5人組は、マンドリン、ギター、バンジョー、ダブル・ベース、ヴァイオリンと言う編成のバンドだ。彼らの特徴は、ブルーグラスを中心にしながらも、そこに様々なサウンドが入り混じっていること。例えば、ロックやジャズは言うまでもないが、一言にロックとはいっても、レディオヘッドやウィルコ、エリオット・スミスなどが視野に入る。ジャズに関しても同様で、そこにはブラッド・メルドー以降の現代ジャズも入ってくる。かと思えば、クラシックも入っていて、バッハにドビュッシーなどなど、それらの取り入れ方も上記のようなインディー・ロックや現代ジャズがクラシックを融合させる際の作法に近く、つまりざっくり言うと、そういったハイブリッドな音楽を作る手法がいちいち現代的だということだろうか。

パンチ・ブラザーズの2018年作『All Ashore』収録曲“Jumbo”
 

そんな彼らは個々のメンバーも引っ張りだこで、クリス・シーリは現代ジャズ最重要ピアニストのブラッド・メルドーとコラボレーションしていたり、クリス・エルドリッジ(ギター)は現在のジャズ・シーンの最先端を突き進む奇才ギタリストのジュリアン・ラージとのデュオ・プロジェクトを続けている。バンジョー奏者のノーム・ピケルニーはリアノン・ギデンスやサラ・ワトキンスといったアーティストに起用されていたり、それぞれが大活躍していて、今ではパンチ・ブラザーズのことが、もともと結成されていたバンドではなく、オールスター・バンドのように見えている人も多いだろう。

彼らの最大の特徴はすべての楽器がそれぞれ音色も音域も微妙に異なってはいるが、同じ弦楽器であることだ。しかも、割と近い形状をしている弦楽器が並んでいる。これらだけで、エレクトリックな楽器もエフェクターも使わずに、彼らは現代的な楽曲を演奏する。それは弦をはじいたり、こすったりするという非常にシンプルな行為をできる限り繊細かつ大胆にコントロールし、その楽器が持つポテンシャルや特性を最大限に活かしながら演奏する行為でもある。そして、それぞれの楽器が鳴らすことができる単音と、ダブル・ベースとヴァイオリンだからこそ鳴らすことができる持続音を組み合わせ、弦楽器のみのアンサンブルを生み出す。弦楽器ではあるが、いわゆるストリングスとは全く異なるものであり、ホーン・セクションもいなければ、なによりも鍵盤がいない。和音を簡単に奏でることができる実に機能的な楽器でもある鍵盤がないことは、ジャズやクラシック的な要素を取り入れる際には難易度を上げてしまうが、そこを彼らは演奏力とその作編曲でカヴァーし、豊かなハーモニーを奏でる。

またパンチ・ブラザーズにはドラムもパーカッションもいない。打楽器抜きの編成と言うのも、ジャズやロックのサウンドを取り入れるにはハードルが高いが、その点でも個々の弦楽器の演奏をリズミックにし、弦楽器の組み合わせだけで変拍子でも何でもさらっと演奏してしまう。ドラムの不在は感じさせず、ドラムの不在の必然が鳴っているとさえ言える。そういった我々がよく聴くような〈バンド〉とは少し違うのもこういった音楽の魅力だ。

2015年の〈Tiny Desk Concert〉でのパフォーマンス映像

 

グリーンスカイ・ブルーグラス、スナーキー・パピーのマイケル・リーグによるボカンテ

実はパンチ・ブラザーズだけでなく、今、そんなブルーグラス編成のバンドが注目される機会が増えている。2018年の〈フジロック〉に出演したグリーンスカイ・ブルーグラスはバンジョー、マンドリン、ドブロ、アコースティック・ギター、アップライト・ベースという編成のブルーグラスのバンドだ。彼らもまたドラムも鍵盤もいない編成だが、パワフルな即興演奏の絡み合いと強烈なグルーヴで、アメリカでは様々なロック・フェスなどで演奏して、人気を博している。アレンジや演奏はロック的なベクトルに振ったもので、それぞれのプレイヤーの足元にずらっと並んだエフェクターやペダルを駆使した大音量且つ歪んだ音像のサウンドでダイナミックかつテクニカルな演奏の応酬を披露し、それこそグレイトフル・デッドやフィッシュなどに連なるジャム・バンド的な文脈でも評価できるものになっている。

グリーンスカイ・ブルーグラスの2018年のライヴ映像。最新アルバム『All For Money』のレヴューはこちら
 

ブルーグラスではないが、少し触れておきたいのが、スナーキー・パピーのリーダーのマイケル・リーグがやっているプロジェクトのボカンテだ。3本のギターと、ラップ・スティール・ギター、ベース、そして3人のパーカッションにヴォーカリストと言う編成で、時折、3本のギターのひとつがモロッコの弦楽器のギンブリに変わったりするというこれまた個性的な編成のバンドだ。5本の弦楽器と3つのパーカッションによる複雑なサウンドからは、弦楽器だからこそできるアンサンブルの可能性を探っているようにも見える。ジャズやロックやR&Bだけでなく、カリブ音楽やモロッコ音楽、アフリカ音楽などが混じっているハイブリッドなサウンドでブルーグラスとは遠いが、パンチ・ブラザーズ以降の耳だと、アンサンブルの在り方に関してかなり新鮮に聴けるはずだ。

小川慶太もメンバーであるボカンテの2017年作『Strange Circles』収録曲“Limyè”のライヴ映像

 

弦楽器ならではのアンサンブルの快感を持つウィ・バンジョー・スリーのサウンド

さて、そんな文脈で聴いてほしいのがウィ・バンジョー・スリーだ。

2012年に結成された彼らはアイルランド出身の兄弟2組によるアイリッシュ・トラッドのバンドで、3人がバンジョー奏者で、それぞれが時折マンドリン、ギターも弾き分け、そこに更にフィドル奏者が加わった4本の弦楽器の編成だ。個々のメンバーがそれぞれアイルランドのトラッドのシーンのトップ・プレイヤーで、スーパー・グループ的な扱いをされている。

2019年のライヴ・アルバム『Roots To Rise Live』収録曲“Prettiest Little Girl”
 
“Pressed For Time”を演奏する2015年のライヴ映像
 

これはジャズ・ギタリストのジュリアン・ラージがインタヴューで語ってくれたのだが、もともとブルーグラスはカナダ経由でアメリカのアパラチア山脈に移り住んできたスコットランドやアイルランドの人たちが持ってきたアイリッシュ・トラッドがルーツにあり、それがアメリカで形を変えて、進化し、発展したものだという。またバンジョー自体はアフリカからアメリカに連れてこられた奴隷たちがアフリカの弦楽器を基に改良を加えたもので、アメリカで生まれた楽器とも言える。それがのちにアイルランドにももたらされて、アイリッシュ・トラッドの人たちにも演奏されるようになった。

つまり、アイルランドとアメリカの間でお互いに影響を与え合い、それぞれがブルーグラスやアイリッシュ・トラッドと言う形で進化していって、その最新形のひとつがアメリカのパンチ・ブラザーズだったり、アイルランドのウィ・バンジョー・スリーだったりして、その二組の音楽がそんなに遠くないものになっているのはなかなかに面白い。ちなみにアメリカのブルーグラスで使われるバンジョーは5弦で、アイルランドで使われるバンジョーは4弦らしい。この辺の時間や土地、解釈の違いによって同じ楽器にさえもたらされる微妙なズレもまた、こういった音楽を聴く楽しみでもある。

『Roots Of The Banjo Tree』収録曲“We All Need”のライヴ映像
 

もともとはバカテクのミュージシャンによる鉄壁の演奏を楽しむ感じだったのだろうが、ウィ・バンジョー・スリーの2018年の『Haven』を聴くと、アイリッシュ・トラッドやブルーグラスの要素はありつつも、ポップでさわやかな歌ものに仕上がっていて、フォーキーなロックとしても聴くことができる。インディー・ロック枠のフォーキーなシンガー・ソングライターを意識しているのもわかるサウンドで、そのメロディーやコード進行もトラッドやブルーグラスから少し離れて、より親しみやすいサウンドになっている。こういった部分はパンチ・ブラザーズだけでなく、同バンドのマンドリン奏者クリス・シーリがソロ作品でやっているサウンドとの共通性を見出すこともできそうだ。

『Haven』収録曲“Light In The Sky”
 

また2019年に発表されているライヴ盤『Roots To Rise』では、ウィ・バンジョー・スリーのその演奏の圧倒的なテクニックを聴くことができる。キャッチーな歌ものの中にも刺激的な瞬間がさらっと仕込まれていて、ライヴ・ミュージシャンとしてのレヴェルの高さをまざまざと見せつけられる。特に後半部のインスト曲は圧巻で、観客の盛り上がりが歓声の大きさとしてそのまま収められているが、それも納得のパフォーマンスの連続。3本のバンジョーが高速で音の粒を奏でる中で、それらがパズルのように組み合わさりながら、フィドルのロングトーンとも重なり合い、独特の軽やかさとともに、時に豊かに響き合う様は弦楽器のアンサンブルならではの快感だ。ハーモニーを積み重ねていくのではなく、それぞれが奏でる別々の旋律が絡み合いながらひとつの楽曲を形成していく対位法的な魅力は現代のアメリカのジャズを聴く楽しみとも似ているが、むろんパンチ・ブラザーズとも似ているので、ジャズのリスナーにも楽しめるはずだ。

アイルランドからの移民がアメリカに持ち込んだ音楽が発展したブルーグラスや、アフリカから持ち込まれた弦楽器が発展したバンジョーという視点だけでなく、アフリカやカリブやヨーロッパから持ち込まれた音楽がアメリカで組み合わさって生まれたジャズのように、アメリカに移住したり連れてこられた人たちの音楽がもとになり、それが発展し生まれたブルースやロックなどの様々な音楽が混じっているのも、どこかロマンティックだ。ウィ・バンジョー・スリーの音楽は、そんな音楽における歴史や、あらゆる音楽が持っているハイブリッドなサウンドの実態みたいなものを感じさせてくれる。

結成当初はエンダ・スカヒルとマーティン&デイヴィッドのハウリー兄弟の3名編成だったウィ・バンジョー・スリーが3本のバンジョーのみという貴重なアンサンブルを披露する、2012年のファースト・アルバム『Roots Of The Banjo Tree』収録曲“John Brown, The Lost Indian, Sail Away Ladies”
 
2014年のアコースティック・セッション映像

 


LIVE INFORMATION

ウィ・バンジョー・スリー 単独公演
12月4日(水)大阪 梅田CLUB QUATTRO
12月5日(木)東京 渋谷CLUB QUATTRO
http://www.plankton.co.jp/webanjo3/index.html

ケルティック・クリスマス 2019
2019年12月1日(日)
会場:神奈川 よこすか芸術劇場
出演:シャロン・シャノン、ウィ・バンジョー・スリー、タリスク
※終演後アフター・パーティー(セッション)開催

2019年12月7日(土)
会場:長野・長野市芸術館メインホール
出演:シャロン・シャノン、ウィ・バンジョー・スリー、タリスク、クリスティーン・カー(ダンス)

2019年12月8日(日)
会場:東京 すみだトリフォニーホール 大ホール
出演:シャロン・シャノン、ウィ・バンジョー・スリー、タリスク、クリスティーン・カー(ダンス)

★〈ケルティック・クリスマス 2019〉の詳細、チケット予約はこちら
助成:Culture Ireland

40周年 プレイリスト
pagetop