インタビュー

Alaska Jam『EPISODE:Ⅰ』 KEYTALK小野ら多忙な4人が〈ジャム〉する理由

Page 2 / 3 1ページ目から読む

〈やりたい〉アイデアを詰め込んだ『EPISODE:Ⅰ』の4曲

――今回のEPに収録されている新曲は、主に今年4月の合宿で作ったそうですね。

小野「初日はディスカッションの日になったよね。合宿の場所に着いて、音を出したんだけどハマらなくて、一回飯作って、飲んで、そこからは音を出さずに、結構いろんな話をして。それを切り出したのは賢だったんですけど」

山下「ちょっと煮詰まったんだよね。同じような作り方でずっとやってきたので、セッションから生まれるものが狭くなってくるというか、〈これしか出てこないな〉っていうのが見えちゃう。でも、セッションってやろうとすれば延々やれちゃって、ダレちゃうから、一回ちゃんと話をしてからの方がいいなって」

小野「飲みながら、いろいろ音源を聴く時間もあって、リファレンスみたいな感じで、〈こういうのいいね〉みたいな話をして。例えば、DNCEってバンドのグルーヴ感とかニュアンスとか、あのバンドも4人組で、音の質感は違うけど、あれをもっと泥臭く、アラスカっぽくやったらどうなるかとか。あと、一曲目の“PUMP IT UP”だけ合宿の前に出来てたんですけど、あれはビースティ・ボーイズっぽいのを意識したりして」

山下「オケヒ(オーケストラル・ヒット)を入れてみたところ、違和感がめっちゃおもしろくて。レコーディング中もみんな笑ってたんですけど、ウケるからいいねって(笑)」

※サンプリンス素材の1種。ジャーンやガーンというインパクトのある音
 

『EPISODE:Ⅰ』収録曲“PUMP IT UP”
 

――ギター1本でも成り立つグルーヴを構築する上では、当然リズム隊の存在も大きいわけですが、今回新たな試みなどありましたか?

石井「今回初めて足もとにプリアンプを挟んだんです。これまでは全部アン直で、今回も特に狙った音があったわけではないんですけど、借りてたのを使ってみたら、すごくいい感じになって。普通に聴いてもそんなにわからないかもしれないけど、音楽好きな人なら結構違いがわかるんじゃないかなって」

――今回ロック的な曲は4曲目の“GOOD FOOT MONKEYS”くらいで、全体的にはファンク度高めなので、ベースが動いてグルーヴを作る曲も目立ちますね。

石井「曲によって動く/動かないのメリハリをつけた感じです。“MY VINTAGE”はたぶん今までで一番動いたと思うんですけど、逆に“焼酎”はずっとルートだったり。フレーズ自体はわりと手癖で、家で作って来るとかはほとんどしてないです」

『EPISODE:Ⅰ』収録曲“MY VINTAGE”
 

――“MY VINTAGE”は武正くんのギターについての曲?

小野「そうですね。15年ぶりにSGを買いまして、61年製の初代SGなんですけど、それを心言が歌詞にしてくれました。〈プレイヤーからプレイヤーからプレイヤー/受け継がれた灯火〉っていうところが特に好きで、普通初年度のSGって、大事に保管されて、傷一つつかずに残ってることが多いんですけど、僕のはフレットとかナットも変わってるし、結構弾き込まれた状態で、そこに惹かれたんですよね。音もめちゃくちゃよくて、この曲はギターソロとかアウトロとか、やりたい放題やれました。今回わりとその場で思いついたフレーズも散りばめられてて、コードカッティング、速弾き、ラフなフレーズ、アウトスケール、自分のやりたいことを全部詰め込みましたね」

――ドラムに関してはどうでしょうか?

山下「今回“焼酎”で生のキックに(ROLAND TR-)808の音をちょっと混ぜてるんです。ダンス・ロック寄りというか、もうちょっと迫力を出したくて、その場のアイデアでハメてみたら、めっちゃいいねってなって。僕はやっぱりビートが好きで……青山純さんとケミカル・ブラザーズが一番好きなドラマーなんです」

――後者はドラマーじゃない(笑)。

山下「僕そんなに小難しいことはできないんで、やっぱり一定のビートが一番ノレると思うから、今回もそこを意識してて。ケミカルのビートってあんまり難しくはないんですけど、音がすごいし、めちゃくちゃかっこいいから、ああいうドラマーになりたいなって」

『EPISODE:Ⅰ』収録曲“焼酎”
 

――ケミカルのブレイクビーツって、まさに生のバンド感と打ち込みの正確さの同居がかっこいいわけで、その感じは賢くんのドラムからも感じます。

小野「“焼酎”のテイクっておもしろくて、グリッドにめっちゃ忠実なところとズレているところ両方があるんですよ。1サビ後の間奏は賢のスネアがちょっとモタってて、ギターがそのさらに後ろにいるっていう奇跡的なテイクで、あそこは何回聴いてもお気に入りのポイントですね。あと“GOOD FOOT MONKEYS”は最初そこまでロック寄りじゃなかったんですけど、やるんだったらもっと寄せた方がかっこいいと思って、最終的に賢がツービートをぶち込んで。ツービート自体はよくあるビートですけど、賢の10年来の知り合いからすると、〈あの賢がツービート〉っていうのは衝撃で」

山下「15年ぶりくらいに叩きました(笑)」

――でも、ちょこっと出てくるだけだよね(笑)。

山下「あそこは3テイクくらい録りましたね」

小野「賢が直すことって珍しいんですけど、ツービートだけ珍しく直してました(笑)」

『EPISODE:Ⅰ』収録曲“GOOD FOOT MONKEYS”

 

TOWER DOORS