2019.12.03

どこかビターな大人の表情を窺わせる前作もハマっていたが、今回のニュー・アルバムでは怒涛の勢いで音楽的冒険に突き進む彼らの姿がある。とにかくポップでダンサブルな楽曲が目白押しで、高い演奏力と遊び心でもってアクロバティックなアンサンブルを思う存分鳴らすスタイルは、モダンなロック・バンドとしてのひとつの理想形だろう。サマー・チューンが多めで、ツイン・ヴォーカルの爽快さがより発揮されている。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop