PR
COLUMN

シーナ・イーストン(Sheena Easton)がBillboard Liveで来日公演を開催

ジャンルを越えて活躍した80年代を代表するポップ・シンガー

シーナ・イーストン(Sheena Easton)がBillboard Liveで来日公演を開催

*2020年4月22日追記
シーナ・イーストン公演中止のおしらせ

2020年6月~7月にBillboard Live TOKYO、YOKOHAMA、OSAKAで開催を予定されていたシーナ・イーストンの公演は、日本政府より発令された渡航中止勧告により、出演予定ミュージシャンの日本入国が困難となったため、中止となりました。詳細はBillboard Liveのオフィシャルサイトをご覧ください。

http://www.billboard-live.com/membersarea/20200421_sheenaeaston.html


 

シーナ・イーストンがBillboard Liveで来日公演を開催する。東京公演は2020年6月29日(月)に、横浜公演は7月1日(水)に 、そして大阪公演は7月3日(金)にそれぞれ行われる。

80年代に〈ポップ・クイーン〉の名をほしいままにし、大成功を収めたシンガーのシーナ・イーストン。59年、スコットランドで生まれ、79年に英BBCのドキュメンタリー番組「ザ・ビッグ・タイム」のヒロインに選出された。それをきっかけとして80年、“Modern Girl”で歌手デビューしたのがキャリアのスタートだ。

81年作『Take My Time』収録曲“Modern Girl”

セカンド・シングル“9 To 5 (Morning Train)”(80年)で米Billboard Hot 100の1位を獲得し、一躍人気歌手となる。さらに81年には映画『007/ユア・アイズ・オンリー』のメイン・テーマ・ソング“For Your Eyes Only”を歌い、グラミー賞最優秀新人賞を受賞した。

81年作『Take My Time』収録曲“9 To 5 (Morning Train)”

81年のシングル“For Your Eyes Only”

以降、プリンス、ケニー・ロジャース、デイヴィッド・フォスター、LA&ベイビーフェイスなど、音楽シーンのトップ・アーティスト/プロデューサーたちとコラボレーションを行い、絶対的なポップ・クイーンとしてシーンに大きな影響を与え続けている。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop