赤いくらげ『Voice』ロックの本質ってこういうことじゃね?

2020.04.07

昨年しげる(ex.嘘つきバービー)が加入した〈にゅ~うぇ~ぶサイケデリックPOPパンクロックバンド〉の、2年ぶりとなるセカンド・フル作。鬱々とした感情をジャギジャギで荒々しい音像に乗せてニャース声で歌うヴォーカル夏生は、まさにロックの本質を体現しているように思えるし、何より新たな女性ロック・ヴォーカリストの到来を感じさせる。一方で“青”のように幼い頃の気持ちを大事にしたような美しい一面も見せてくれるのがまた素敵。こういう音楽のためにもライブハウスは必要だし、早く爆音のなかで身体を揺らして嫌なことを忘れたいし、やっぱロックって最高だなって思います。

関連アーティスト
TOWER DOORS