SERIES

【Mikikiの歌謡日!】第44回 森七菜、サニーデイ・サービス、さとうもか、ゆ~すほすてる……今週のトキメキ邦楽ソング

【Mikikiの歌謡日!】第44回 森七菜、サニーデイ・サービス、さとうもか、ゆ~すほすてる……今週のトキメキ邦楽ソング

A HAPPY NEW YEAR...始まりました、2020年。Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣の5人が毎週〈トキめいた邦楽ソング〉をレコメンドするこの連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今年もじゃんじゃん紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。更新は火曜(歌謡)日。毎度独特な選曲になっていますので、ぜひ毎週チェックしてみてください。紹介した楽曲は下記SpotifyとYouTubeのプレイリストにまとめているので、併せてお楽しみくださいね。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyのプレイリスト
 
YouTubeのプレイリスト

 


【天野龍太郎】

さとうもか “melt bitter”

あけましておめでとうございます。2020年も〈Mikikiの歌謡日!〉をどうぞよろしくお願いいたします。2019年2月にスタートしたこの連載も、もうすぐ1周年。もう44回もやっているんだ……。これまで何曲、紹介したんでしょうね。

というわけで、2020年最初の〈今週の1曲〉です。

1月22日(水)にリリースされる、さとうもかさんのニュー・シングルの表題曲。ライブ感あふれる、さとうもかバンドの演奏も最高なのですが、やっぱり主役はもかチャンの歌。超名曲“melt summer”の続編ということで、頭の中をぐるぐると回り続ける思いと、ほろ苦くてリアルな恋模様が伸びやかに歌われています。それと、彼女は本当に個性的ですばらしいメロディーメイカーですね。〈全身音楽!〉みたいなひとだと思っています。

 

Monkey in Yellow “Restart”

今週の1曲、その2。

tamao ninomiyaが主宰するレーベル、慕情tracksから『World Shrink Within a Blink』(2019年)をリリースした宅録作家のMonkey in Yellowが、早くも新作をカセットテープで発表します。これは、その『Tin Pan Chimpanzee』からのシングル。トイ・ポップ的な遊び心とハプニング性、ひねくれたのユーモアとストレートなポップネス、アイデアだらけの展開と自由自在な音色の選択……やっぱり天才? 聴くたびに驚きがあります。

Monkey in Yellowのファースト・フル・アルバム『Tin Pan Chimpanzee』は2月5日(水)にリリース。タワーレコード新宿店、梅田大阪マルビル店、静岡店、ららぽーと磐田店、ディスクユニオンなどで販売されるとのことで、ぜひお近くの店舗で手に入れてください。

 

Tohji “Rodeo”

ファースト・ミックステープ『angel』から。超いいな~。〈Kawasaki〉というワードをトラップから逆輸入しているのがポイント。『angel』は、本当に多くの人が年間ベストに挙げていましたね。2019年の顔だったTohji、2020年も大活躍することまちがいなしです。

 

VaVa “じん”

クリスマスにリリースされたニューEP『Cyver』から。エモ・ラップ/SoundCloudラップの〈意味なんてない、リズムがただそこにあるだけ〉という感覚が全開で、異常にサイケデリック。

 

EVISBEATS “Beautiful feat. J.B.POE”

コラボレーションが主眼の新作『PEOPLE』から。年末に刊行された「ele-king vol.25」(わたしもちょっとだけ寄稿しています)で大前至さんが書いていらっしゃったとおり、2019年のアメリカのヒップホップ・シーンでは、〈オーセンティック〉と呼びたい傑作がたくさん生まれました。年末には、そのオーセンティシティーのよさを再確認したり。ジャパニーズ・ヒップホップにおけるオーセンティックだったら、やっぱりEVISBEATSですよね。最高です。

 

JJJ “flame”

今週の1曲、その3。

なぜか大文字表記になったJJJの新曲。イントロの〈ABS〉というつぶやきと、サウダージなガット・ギターの音色に〈あっ!〉となります。そう、この曲に参加しているのは北里彰久 fka Alfred Beach Sandalです。最高!

 

Awich “Interlude 1 (Island Girls)”“Interlude 2 (Good Man)”

Awichが新作を出す! やべー!! これだけでも盛り上がっちゃいます。言葉で〈男〉を徹底的にどつきまわし、対象化するAwich。かっこよすぎ。ニュー・アルバム『孔雀』は1月11日(土)にリリース。

 

【田中亮太】

森七菜 “あなたに会えてよかった”

小泉今日子の名曲(91年)のカヴァーですが、原曲よりテンポを落としたアレンジと上品なストリングスが素晴らしいです。

 

TENDOUJI ““GROUPEEEEE" 2019”

バンド屈指の人気曲の最新ライブ映像。ファンが撮影した動画を切り貼りしたビデオは、最初のMC含めてすべての光景が胸熱。フィドラーの“West Coast”のMVを思い出させました。丹念に追いかけてきたわけではないのであえて控えめに言いますが、たぶん最高のバンド。

 

サニーデイ・サービス “雨が降りそう”

約1年間のお休み期間を経て、サニーデイ・サービスが再始動。いきなり、この新曲を2020年の元旦に公開しました。マエストロのリズムキングを使っているという打ち込みの音がチープで可愛らしく、幼稚園でのライブを収めた2000年作『FUTURE KISS』を想起も。白昼夢のなかにいるかのような感触からは、第一期終盤のサニーデイを思わせつつ、不穏さや刺々しさを隠さないところには、『ヘブン』(2018年)以降の曽我部さんソロ作からの反響も感じました。ムーディーなギターの音色が映し出すのは、午後3時、灰色の空の東京。雨の音。〈てきとうに笑って生きてた過去なんてない〉人たちがいま抱えている、未来への不安を掬い取った20年代最初の1曲。

 

【高見香那】

LOVEBITES “Raise Some Hell”

1月29日(水)リリースのニュー・アルバム『ELECTRIC PENTAGRAM』より、メタルはお正月でもHell」というメッセージと共に元旦に公開された一曲。国内の女性ヘヴィメタル・バンドの中で圧倒的な人気を誇る/世界を股にかけて活躍している5人のパワフルで艶やかな演奏と歌唱にシビれます。かっこいい。5人5様なヴィジュアルも好き。

 

木村拓哉 “One and Only”

アルバム『Go with the Flow』は本日フラゲ日。小山田圭吾に稲葉浩志、川上洋平([ALEXANDROS])、Uruらが参加というキムタクでしかありえない豪華さ。タワレコに買いに行きたいので、今日はもう帰ります。

 

【小峯崇嗣】

浮(BUOY) “繋ぎ目”

米山ミサによるソロ・プロジェクト、浮(BUOY) による弾き語りアルバム『部屋の中』よりピックアップ。年末はずっとこのアルバムを聴いていました。素朴なアコースティック・ギターのサウンドにのせて聴こえてくる心温まる彼女の美しい歌声。年の瀬のゆったりしたムードにピッタリでした。

TOWER DOORSでは、昨年の終わりに浮(BUOY)にメール・インタビュー〈6つの質問〉を行いました。併せてぜひチェックしてみてください!

 

【酒井優考】

八十八ヶ所巡礼 “狂感できない”

年末、恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライブでマガレさんが「貴様ら(お客さんのこと)全員と顔を合わせたい」と曲中でいきなり言い出して、満員のフロアに飛び降りて観客全員と本当に顔を合わせながらハイタッチしていって、舞台に戻って「早々にソールドアウトして申し訳ないけど、これ以上大きな会場だと全員の顔は見られない」って言ってたのがすごく印象的でした(全部うろ覚えなので間違えてたらごめんなさい)。ひねくれた気持ちの時にすみっこのほうでライブを観ていて〈このアーティストはどうせ俺になんか音楽を届けるつもりなんてないんだろ〉と思ってしまうこともままあるけど(特に大会場)、自分にも届けようとしてくれている/そして届いていると実感できると心底嬉しいです。この気持ち、共感できます?……とかそういうことは全部置いておいて変な曲とMVだなあ(誉め言葉)。

 

ゆ~すほすてる “どっかいっちゃいたい”“いかないで~”

サブスク解禁したら書こうと思ってたのに年越しちゃってごめんなさい! 京都発の、宅録ユニット→3ピース・ポップバンド→2人組と変遷をたどってきた気になる存在。歌詞の始まりが〈つらすぎる マジでなんのやる気も起きない/横になっている/座ることすらも だるいなあ〉の時点で好きです。好きっていうか、この歌詞書いたの俺かな? それに加えて手作り感あふれるギター・ロックのサウンドに、ちょい切な系のコードが乗って半熟味しみ玉子。ライブ販売のCD版の情報は↑の動画にて。

 

おはぎ “まぐろパーリナイ”

もちこめ子さん、こしあん子さんからなる謎の二人組ユニットのこの動画、あるミュージシャンの方に教えていただいたんですけど、中毒性が高いし絶対どこかで聴いたことある声なんですよね……。正体誰なんだろう……。ひとつだけ分かったのは、最後のスタッフクレジットに、〈すぺしゃるさんくす(ドラム)/такэбучи(shabel)〉って書いてあって、あのメロディック・デスメタル・ジャズ・ピアノ・トリオ、shabelが関係してるんじゃないかと個人的には睨んでます。ネギトロが大好物だから、途中映像で軍艦巻きが出てきて本当お腹空いてきます。ズルい。

 

POLLYANNA 『pantomime』トレーラームービー

いま個人的にいちばん売れてほしいバンド、POLLYANNAが1月29日(水)にリリースするファースト・アルバム『pantomime』の全曲試聴動画が公開。いい曲ばかりだし、伶菜さんは食いまくってるし、〈ザ・部屋〉って感じが曲にピッタリなんだよなあ……。と思ってたらこの部屋もしかして“いない・いない”のMVと同じ部屋なのでは? Mikikiでは5人のインタビューを公開予定です!

 

東京事変 “選ばれざる国民”

レビューも書きましたがこちらでも。2020年、最高の幕開けです。これでまだローディング中だってんだから恐ろしい。

TOWER DOORS
pagetop