連載

曽我部恵一、H ZETTRIO、Hi Cheers!、蓮沼執太フルフィル……Mikiki編集部員が今週オススメの邦楽曲

【Mikikiの歌謡日!】第75回

曽我部恵一、H ZETTRIO、Hi Cheers!、蓮沼執太フルフィル……Mikiki編集部員が今週オススメの邦楽曲

Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣が最近トキめいた邦楽曲をレコメンドする毎週火曜日更新の週刊連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今回は第75回です。紹介した楽曲はSpotifyのプレイリストにもまとめているので、併せてお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyプレイリスト

 


【田中亮太】

曽我部恵一 “永久ミント機関”

やったー、曽我部さんのダンス・ミュージックだー。(いつもながら)突如届けられた新曲は、約10分に及ぶバレアリック・ハウス。パーカッシヴなギター・ストロークと軽やかな4つ打ちのビートは推進力に溢れ、キラキラとしたシンセサイザーが涼しげで心地よい。2000年代にぽっかりあいたこの空洞の季節によく似合う、無人のフロア・バンガ―。

 

HANDSOMEBOY TECHNIQUE “Long Slow Distance feat.川辺素(ミツメ)”

曽我部さんを前曲“抱きしめた”にフィーチャーしていたHBTの新曲。今回はミツメから川辺くんが参加しています。ブリージンなインディー・ディスコが、川辺くんの青さを残した歌声にマッチ。それにしても、スクエアなビートと切ないギター・アルペジオは森野節ですね。

 

KONCOS “Never Been Beter”

N.E.R.D“Lapdance”の引用も納得のKONCOS流ミクスチャー。うるさくて、せわしなくて、一瞬。KONCOSは、JR西日本・山陰本線阿川駅の駅舎新設とともに誕生した、駅併設の商業施設〈Agawa〉のテーマソングを作成したようで、〈Agawa〉のオフィシャルサイトで聴くことができます。そちらは、バンド初期に取り組んできたチェンバー~ポスト・クラシカルの要素が強いピアノ曲。このふり幅がKONCOS、なんですよね。

 

髭 "GIZMO"

ドライヴィンでサイケデリックなロックンロール。そしてロマンティック! こういう曲をやらせると、髭にかなうものはいません。秋リリース予定のアルバムから最初のリード・ソング。以降、全6曲が先行配信されるみたいです。楽しみ。

 

【酒井優考】

H ZETTRIO “TOKYO”

いまの時節の東京にピッタリの、まるでオリンピックをやってる東京のような、ハチャメチャでゴチャゴチャの、でもクールでみんながカッコいい曲…………と本来であれば言うべき曲だったのかもしれないけど、それがこんなことになってしまい、ちょっとの空虚さとたくさんの期待を孕んで本来とは違う響きの曲になってるんじゃないかなと思います。だからこそ、いまの時節の東京にピッタリ。

 

ermhoi “Amphitrite”

あの常田大希率いるmillennium paradeのメンバーでもあるermhoi(エルムホイ)のMVを手掛けたのが、Mikikiでも大変お世話になっているみんな大好きカメラマンの垂水佳菜さん。ぼんやりしているけど光り輝いてて色鮮やかな世界観が、美しく浮遊感のある曲にマッチしてると思います。

 

東京事変 “赤の同盟”

この人たちはどうかしている。

 

原田珠々華 “サイダー”

自分のコンプレックスとか、コロナにおけるいろんな憂い(〈休校〉の文字)とか、なんかもやっとしたものを晴らすようなスッキリとした曲。

 

aymk “immoral”

いつも紹介しているaymkさんの、完全セルフプロデュースで自主レーベルよりリリースしたクールでダークな新曲。このMV、いろんな意味で大丈夫なのかなあ……(笑)。消される前に。

 

kiarayui “Rain on your hair (feat. Joe Barry)”

kiarayuiがニュー・アルバム『MOONLESS』をストリーミングでリリース(9月にはフィジカルでもリリースされるらしい)。〈魂と肉体の分離〉をテーマに制作されたそうで、この曲はいろんな生活音をサンプリングした1曲目。いや、そんな難しいことは全然理解できてないんだけど、どの曲も色合いが違うし歌声も違うのに、どの曲もすごく心地いいんです。ぜひ1曲だけと言わず全曲!

 

ネクライトーキー “北上のススメ”“渋谷ハチ公口前もふもふ動物大行進”

今年の頭はこの“北上のススメ”の〈哀しいこともムカつくことも 捨てる手前で溜まる、黙る〉という一節を何度も噛みしめて聴いてました。

TOWER DOORS