TOWER DOORSブログ

CwondoにTOWER DOORSから6つの質問 No Busesのフロントマン近藤大彗が奏でる新感覚ローファイ・ポップ

CwondoにTOWER DOORSから6つの質問 No Busesのフロントマン近藤大彗が奏でる新感覚ローファイ・ポップ

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主人公はCwondo(コンドウ)です。TOWER DOORSは本日12月25日にリリースされた“Twwen”を紹介しています。

4人組バンド、No Busesのヴォーカル/ギターを務める近藤大彗によるソロ・プロジェクトがCwondoです。2020年から本格的に活動を開始し、8月にデビューEP『Too Hard』、10月にセカンドEP『Visiting Grandma』を立て続けにリリース。そして本日、2021年にリリース予定のファースト・アルバム『Hernia』から先行シングル“Twwen”を発表。驚異的なスピードで楽曲を制作しています。

そのサウンドは、The Strokesなどを思わせるガレージ・ロック・リヴァイヴァル的な音楽性のNo Busesとは一線を画しています。世界の音楽シーンで話題となったベッドルーム・ポップ的なジャンルを横断したアプローチが、Cwondoの特徴です。チープかつローファイなビートとトイ・ポップ感あふれるサウンドをベースに、Hyperpopやエモ・ラップ、UKガラージ、チルウェイヴなど、さまざまなジャンルの要素を絡めた斬新なポップ・サウンドを奏でています。

そんなCwondoに〈6つの質問〉から迫ります。

関連アーティスト
TOWER DOORS