PR
インタビュー

ぜんぶ君のせいだ。『堕堕』7人体制での初シングルが描く騒々しい物語の続き

Page 2 / 2 1ページ目から読む

物語としてはヤバい

――それぞれこの曲にどんな思いや願いを落とし込んで歌っていますか。

メイ「“堕堕”の意味のなかには、私と个喆が以前いたゆくえしれずつれづれの曲、“我我”のオマージュも入っているので、ゆくえしれずつれづれの魂もちゃんと持っていくぞっていう思いがあるのと、あとはぜん君。に加入して、ぜん君。を見てくれている人に対しても私は堕ちたいし、見てくれている人も私に堕ちてほしいなっていう気持ちがあります」

「けっこう今回はふざけた歌詞が多いんですけど、シャウトのパートでは重い愛のことを歌っているんですよね。そこはすごく好きです。ここは自分もシャウトしているんですけど、メイの長いシャウトに心掴まれますし、より気持ちが入りますね」

「いままで、ぜん君。の曲を7人で新たに歌詞割りをしてライヴで歌うことはありましたけど、本当の意味で7人での初めての曲なので。歌やパフォーマンスも自由なところはたくさんあるんですけど、その自由のなかにもこの7人を見せつけるぞという強い気持ちでパフォーマンスする曲になりました」

――それぞれのキャラクターも出て、かつ、ゆくえしれずつれづれの武器のひとつでもあったシャウトも、この曲ではいいインパクトを放っていて、まさに7人だからこその曲ですね。

メイ「はい。ただ、メイと个喆が入った7人で初めての音源は、絶対自分たちがびっくりするくらいカワイイ曲だと思って待ち構えていたんです。どれくらいブリブリするんだろうな?って。“堕堕”が届いたときに、え、かっこいいじゃん!っていう」

个喆「〈カワイイ〉が試されると思ってて練習しなきゃなって思ってたんですよね(笑)。しかも加入したばかりのメイと个喆はレコーディング順が最初で。いきなりそんなに試す!?っていう」

――(笑)。先ほどから〈自由〉というフレーズが上がっていますが、レコーディングはどうでしたか。

「自由に表現していいと言われたので、逆にみんなの〈自由〉が気になって(笑)。みんなけっこう遊んでるなって思いました。そこにメイと个喆の力強いシャウトが入ってくるのもすごくよくて、早く出来上がりを聴きたかったですね」

ふふ「この曲は、レコーディングの場所に7人集まるのが初めてだったんです。待ち時間ではどこかふわふわしてる感じがあったというか、まだ7人でガチッとなっていない状態で。でも、曲ではちゃんとガチッとハマっていたんですよ。それは“堕堕”という曲に対して7人が同じ思いを抱いていて、ここからみんなで一緒に始まっていくんだって思いがあったからで。それがすごくよかった」

征之丞十五時「7人で再スタートしていく節目の曲で、もらったときから大切に歌わなきゃって思いました。歌詞がけっこう重たいけど、曲調やリズムは遊んでいて。レコーディングでも、作曲をしているsyvaさんに〈もっと遊んで〉って言われて。自分では遊んでいるつもりで歌っても、聴いてみたらもっといけるなって思うところが多くて。レコーディングは何回も経験しているけど、自分の反省点が見つけられた曲だなって思います。なので、ライヴでどんどん仕上げていきたい気持ちが強くなりました」

――これは本当にライヴで見たい曲ですが、実際の反響はどうですか。

愛海「それに関しては、〈なんでこの時期にこの曲出した?〉っていう感じですよね(笑)。みんな声を出したり歌ったり、フロアでもみくちゃになったりができないときに。なんでこの遊び曲を出したのかっていう」

「そりゃ早く動きたいよね、みんな」

征之丞十五時「焦らすよねえ」

「(笑)。でも“堕堕”が好き、カッコイイって言ってくれる患いさんもたくさんいるのは本当に嬉しいですね」

――カップリング“never ending xxx”の音源は5人で収録しているそうですね。

愛海「そうですね。まだメイと个喆が入る以前、5人での曲というのが大きいですね。それでいて“never ending xxx”――物語は終わらないという曲で。ここまでずっと繋いできた物語はまだ続いていくという思いが、いろんな意味で入っています。悲しみや苦しみはそこまでないんですけど、この疾走感のなかに、前に進むための一歩を踏み出す風みたいなものが入っているかなって」

――コロナ禍で、かつメンバーが変わりながらもノンストップにライヴも続けている、その痛快な疾走感、生き様がこのシングルですね。

愛海「“堕堕”の冒頭に、〈FANTASY 常に騒々しい〉ってありますけど、これはぜん君。のことだなって思っていて。正直、ぜん君。って、物語としてはヤバいと思うんですよ(笑)。2時間ドラマぐらいではぜんぜん収まり切らないくらい」

征之丞十五時「起承転結の〈転〉が多いもんね」

「起承転、転、転、転、転……みたいなね」

愛海「まだ〈起〉の段階かもしれないし(笑)。それくらいすごい物語のなかで、“never ending xxx”もそうですけど、自分たちの物語を続けることを歌っていて。続けてこれたことも嬉しいけど、そこでいちばん大きいのは患いさんの存在なんですよね。これまで脱退や加入でいろんな変化もあって、さらに今年になっていきなり7人になって、それでも期待して、待っててくれる方がこんなにいるのは辞める理由にならないじゃないですか。続ける理由にしかならないから。すごくありがたいなと思ってます」

左から、ぜんぶ君のせいだ。の2020年のシングル“インソムニア”、2020年の映像作品「中野サンプラザホール単独公演~生鳴兆候~」、2019年のアルバム『或夢命』、ゆくえしれずつれづれの2020年作『paradox soar』(すべてコドモメンタルINC.)

関連アーティスト