PR
コラム

セレステ(Celeste)『Not Your Muse』すでに世界を魅了した英国の新星が贈る、2021年の最注目作を掘り下げる

©ELIZAVETA PORODINA

早くも2021年の最注目作品が登場! 強烈な存在感と圧巻の歌声で世界を魅了し、賞賛も栄誉もすでに手に入れた英国の新星は、ここからさらに輝きを増していく……

エイミーやアデル級の傑物

 〈批評家賞〉を授かった2020年2月のブリット・アワード授賞式でパフォーマンスした“Strange”がビリー・アイリッシュとその兄フィニアスから絶賛され、数か月後にフィニアス制作の“I Can See The Change”を発表したセレステ。オコンネル兄妹からの賛辞に加え、エルトン・ジョンも自身のプレイリストに選ぶなどした2019年のシングル“Strange”は、他人から友人となって恋人関係に発展したふたりが破局するとふたたび他人同士に戻ってしまう〈不思議〉をピアノと弦のみをバックにハスキーな声で歌うスロウ・バラードで、これで彼女の存在が一気に知れ渡った。そんなセレステが、このたび待望のファースト・アルバム『Not Your Muse』をリリース。BBCが選ぶ注目の新人〈Sound Of 2020〉では先日同タイミングでアルバム・デビューしたアーロ・パークスらと競って1位を獲得していたように、すでに多くのメディアが故エイミー・ワインハウスやアデル級の傑物として称賛している。

 もっとも、彼女は2015年の時点で故アヴィーチーの“Touch Me”でペンと声を交えていたし、2018年にポリドールと契約したのもマイケル・キワヌーカの推薦なら、メジャー契約前にはリリー・アレンが主宰するバンク・ホリデイからシングルやEPを出すなど、早い段階で大物たちのラヴコールを受けていた。94年にLAで生まれ、幼少期に母の祖国イギリスに移ったセレステ・エピファニー・ウェイトは、16歳の時に亡き父へ捧げた自作曲“Sirens”をYouTubeにアップしたところ後のマネージャーに発見されてプロとして活動を始めるが、かように音楽関係者の心を動かし、虜にするほどの得難い魅力を備えていたのだ。ポール・ウェラーの“You Do Something To Me”をポール本人とスタジオ・ライヴで共演したことは英国音楽界からの勲章と言ってもいい。

 アンドラ・デイにも通じる、セピア調のレトロな画が浮かぶようなスモーキー・ヴォイスは古い映画から流れてきそうで、エディット・ピアフ“La Vie En Rose”をカヴァーしていたことも頷ける。思えば、Netflix映画「シカゴ7裁判」では“Hear My Voice”、ディズニー&ピクサー映画「ソウルフル・ワールド」の英国版ではジョン・バティステと共演した“It's All Right”(インプレッションズのカヴァー)が、それぞれのエンド・ソングとなり、懐かしいムードを漂わせる彼女の声が映画の感動を後押しした。これらに加えて、ガッツ・ストリート・パークとの共演や亡き父を想って書かれたトム・ハヴロック制作の“Father's Son”といったEP『Lately』(18年)の収録曲、また、ジャスティン・パーカー制作のピアノ・バラード“I'm Here”やテラス・マーティンが手掛けたレイジーな“In The Summer Of My Life”などのプロモ・シングルおよび単発企画の曲だけでも別のアルバムが作れそうなほど精力的に作品を発表してきた彼女にとって(それらの楽曲は『Not Your Muse』のデラックス盤や日本盤にボーナス収録)、今回のファースト・アルバム発表のタイミングは、パンデミックを受けての延期とはいえ遅すぎるくらいだった。