PR
インタビュー

Uru『ファーストラヴ』話題の映画から生まれたニュー・シングルと2021年の決意を語る

ロング・ヒットを記録している『オリオンブルー』からまもなく1年——この状況下でもより遠くへ浸透を続ける神秘的な歌声。2021年最初のシングルは誰の心を動かす?

愛を感じ取った瞬間

 人と人とのふれあい、生身のコミュニケーションに尊さを感じずにはいられなかったこの一年あまり。さまざまな世界のなかで思うようにことが進まない、エンターテイメントの世界もまた然りで、そんななかにあってUruの歌、歌声は、それまでにも増して多くの人たちの耳に飛び込んでいった。昨年10月のシングル『Break/振り子』に続き、翌月にはLiSA×Uru名義の“再会(produced by Ayase)”というコラボ曲を配信リリース。年末の〈第62回 輝く! 日本レコード大賞〉では特別賞を受賞……。

 「レコード大賞に出演させていただいたときは、昔からTVで観てきた舞台に自分が立っているということがとても感慨深く、支えてきてくださった皆さんやスタッフさんへの感謝の想いが一気に沸き上がって来て、リハーサルのときに目頭が熱くなってしまったのですが、〈いや、いやいや、待て待て早いぞ〉と心の中で唱えて抑えました。LiSAさんとのコラボレーションとCM出演も、初めて経験させていただいたことが多くて、自分の中の視野がまた広く持てる契機をいただいたような感覚でした。思うようにライヴができなかったり、予定していたことが中止や延期になってしまっていた状況でしたが、応援していただいたからこそある今の自分の姿を、皆さんに届けることができて本当によかったなと思いました」。

 そうして迎えた2021年、最初のリリースとなるシングル“ファーストラヴ”が到着。表題曲は、公開中の映画「ファーストラヴ」(原作:島本理生、監督:堤幸彦、主演:北川景子)の主題歌となっているバラードだ。

 「ずっと閉じ込めてきたこと、蓋をしてきたことに向き合うきっかけをくれた出会い、というのがまず根本にあって、それでもなお、その気持ちに素直になれず、心の内を思うように吐き出すことができない人物が、出会ったその人と過ごす日々によって次第に心を柔和させていきながら、初めて〈愛〉というものを自分なりに感じ取った瞬間を書いたつもりです。心を塞ぐ瞬間というのは、誰しも経験があるのではないかと思いますが、出会いというのは本当に宝であって、それを無碍にしないようにしたいなと私個人も思いました」。

関連アーティスト