コラム

【OPUS OF THE YEAR 2020】bounce編集部の選ぶ2020年の100枚・前編

OPUS OF THE YEAR 2020
[ 特集 ] 2020年の100枚+

どんな一年だった?なんて呑気に振り返るのも難しいかもしれない……でも、そこに鳴っていた音が、こんなアルバムたちと共にいい記憶として残っていきますように!

★bounceの選ぶ2020年の100枚・後編

 


100 MAI AND RUNNING
bounceの選ぶ2020年の100枚・前編

多彩なビートとゲストが曼荼羅のように広がったYENTOWNでの2作目でも、中心で輝くのは柔軟な歌い口の気高い存在感。夏には『Partition』でメジャー・デビューを果たし、新年はさらに大きく羽根を広げることになりそうだ。 *出嶌

 

新基軸ながらも代表曲となったレイヴィーな“Have it my way”などでダンス・ミュージックとしての強度を高め、昇り調子の勢いを体現した現体制での初アルバム。メモリアルな夏の『SUPER COOL EP』に続く今後の展開も気になる。 *出嶌

 

眉村ちあき 『劇団オギャリズム』 トイズファクトリー(2020)

加速度的に飛躍中のシンガー・ソングライターは、本作においてより幅広く聴かれることを意識。愛すべき風変わりなキャラの楽曲はもちろん、ストレートな歌唱も磨かれた逸品に。年末には次作も発表、日本武道館公演も成功させた。 *土田

 

2020年にメジャー・デビューを果たしたチル・ラップ界の若き先導者は、歌心溢れるフロウで日本のインディー・ポップ勢とも共振。この1年で発表した3枚のアルバムの皮切りとなる本作には、キリンジ“エイリアンズ”の引用曲も。  *土田

 

STORMZY 『Heavy Is The Head』 #Merky/Atlantic UK/ワーナー(2019)

バーナ・ボーイやアイッチ、エド・シーラン、H.E.R.らを迎えてスターとしての風格を見せつけた2作目。US色も導入しつつグライムを主軸にした華のある無骨さは彼ならでは。本作を引っ提げての来日が決まっていたのも懐かしい……。 *出嶌

 

前年のデビューから半年で届いた、ジャケも画期的な2枚目のアルバム。コロナ禍にあってもリリースを重ね、夏の傑作EP『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』では感情豊かな爆音を従えてパワフルな進化を見せた。次の展開は如何に? *出嶌

 

50s~60sのロックンロール/ガレージ・ロックをモダナイズした最新作は、〈現代のUSにおけるブルーカラー労働者の葛藤〉を訴えながらも、音的にはポジティヴな空気に満ちている点が彼ららしい。トータル26分の尺も潔し! *土田

 

ポスト・マローンらとのコラボを経験したり、“Without Me”が自身名義で初の全米No.1シングルを獲得したりと、万全の状況で届いた3作目。サウンド面で時流を押さえつつも、裸の歌声で勝負。その魅力に改めて気付かされる一枚に。 *土田

 

大ヒット曲“白日”を含む本作を発表後、常田はmillennium paradeを活発化、井口は俳優仕事もこなし、新井と勢喜は高井息吹の作品に参加するなど多才さが発露した2020年。アリーナ・ツアーも完走し、その勢いはまだまだ続く。 *土田

 

カリスマ同士によるデュオが20年ぶりに復活! Charaのソロ作に近いソウル/R&Bテイストを敷いた本作では、TENDRE、Seiho、mabanua、Kan Sanoら間違いないプロデューサー陣と驚異的に瑞々しい鳴りを提示してみせた。 *土田

TOWER DOORS