PR
インタビュー

Uru『Love Song』5周年を経て殻を破ったニュー・シングルと、夢のステージへ挑む心境を語る

ドラマティックな“ファーストラヴ”に続くニュー・シングルは、その名も“Love Song”。いつもと眼差しの異なる愛の歌は、5周年の節目を経た新たな挑戦に繋がっていて……

節目を過ぎた表現者として

 去る6月15日に、デビュー5周年を迎えたUru。4か所5公演が開催されたアニヴァーサリー・ツアーも、かみしめる喜びはひとしおだったようだ。

 「5年前の今頃は、プルプルと身体も心も震わせながらステージに立っていたなぁと思いながら5周年のステージに立っていました。そして、その間ずっと応援してくださっていたみなさんのことや、支えてくださっていたスタッフのみなさん、一緒にライヴを周ってくれたメンバーのみんなを思い出しながら歌うと、いろいろなことが込み上げてきそうで怪しかったので、大事な場面ではあえて頭を無にして集中して(笑)。声を出すことができなかったり、座席が一つ飛ばしのなかでの公演でしたけれど、ご来場いただいたみなさんがとっても温かくて、とくに初めて公演を行う場所だった新潟公演ではアンコールの際の拍手が大きくてそして長くて、感極まってしまったこともありました」。

 アニヴァーサリー・ツアーのタイトルが、句読点を意味する〈Punctuation〉ということもあり、これをきっかけとした意気込みや、何かスイッチの入ったこともあったのではないだろうか。

 「新しいことに挑戦していきたいという気持ちはありますね。その新しいことというのが何なのかよくわかっていないのですが、でも、ずっと心のなかで思っているのは、歌を歌うようになる前からずっとずっと自分のなかで育ててきてしまっている、何かをする時の〈恥ずかしさ〉というか恥じらうことに関しては、変えていきたいなと思うことが増えました。自分を第三者の目線で見ることができているのは良いことかもしれないけど、そこに必ず〈恥ずかしさ〉とか〈人見知り〉とか〈尻込み〉とか、ネガティヴな要素がずっと付随していて、歌を歌うということをやらせてもらっている者である以上、そして6年目という節目を過ぎた表現者として、いい加減その殻は破っていかないとなぁと思います。そういうスイッチは、この節目のタイミングで押したいですね」。

関連アーティスト