連載

坂本慎太郎が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】

私たちの日常の風景をすっかり変えてしまった、コロナ禍。それはまた、私たちの音楽の聴き方にも少なからず影響を及ぼしたと思います。以前好きだった音楽を受け付けなくなったり、あるいはそれまでスルーしていたような音楽に突如として心を奪われたり……。

そこでMikikiでは、ミュージシャンやレーベル関係者、レコード・ショップ関係者、ライブハウス関係者など音楽に関わって仕事をする人々に〈コロナ禍以降、愛聴している1曲〉を訊ねる新連載をスタート。その回答は一人ひとりのいまの心情を映し出すと同時に、災いに見舞われた人々に対して音楽がどのような意味を持つのか、そのヒントにもなるのではないでしょうか。 *Mikiki編集部

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】記事一覧はこちら


 

坂本慎太郎

67年9月9日大阪生まれ。89年、ロック・バンド、ゆらゆら帝国のヴォーカル/ギターとして活動を始める。バンド解散後は2011年に自身のレーベル〈zelone records〉にてソロ活動をスタートし、これまでに3枚のアルバムを発表。その活動は国内だけに留まらず、2018年には4か国でライブを、2019年にはUSツアーを行った。またメイヤー・ホーソーン、デヴェンドラ・バンハートとスプリット・シングルを発表したり、オ・テルノのアルバム『atrás/além』(2020年)に参加するなど、海外アーティストとも精力的にコラボレーションを行っている。2020年にはシングル“好きっていう気持ち”“ツバメの季節に”を立て続けにリリース。

 

コロナ禍以降、特に愛聴している1曲は何ですか?

Charlie Megira “Turn Around”(2019年作『Tomorrow’s Gone』収録)

この曲は2020年の頭に知ってコロナ禍が始まった頃によく聴いていました。

昔からLes Paul & Mary Fordの“Lonsome Road”、The Crampsの“Lonsome Town”、Richard Hellの“All The Way”みたいな曲が大好きなのですが、この曲にも同じような寂しさを感じます。異様に深いリヴァーブがかかった歌とギターが独特で、まるであの世から響いて来る音楽のようです。

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2020年12月2日
フォーマット:7インチ・シングル/デジタル

TRACKLIST
1. ツバメの季節に (By Swallow Season)
2. 歴史をいじらないで (Don’t Tinker With History)

★配信リンクはこちら

 

坂本慎太郎 『好きっていう気持ち』 zelone(2020)

リリース日:2020年11月11日
フォーマット:7インチ・シングル/デジタル

TRACKLIST
1. 好きっていう気持ち (The Feeling Of Love)
2. おぼろげナイトクラブ (Obscure Nightclub)

★配信リンクはこちら

 

VARIOUS ARTISTS 『Allen Ginsberg’s The Fall Of America: A 50th Anniversary Musical Tribute』 (2021)

アレン・ギンズバーグの詩集「The Fall Of America: Poems Of These States 1965-1971(アメリカの没落)」の発表50周年を記念したコンピレーション・アルバム。坂本慎太郎は3曲目“Manhattan Thirties Flash”に参加

​リリース日:配信 2021年2月5日/CD・LPレコード 2021年6月4日(金)

TRACKLIST
1. Scanner “Elegy For Neal Cassidy”
2. Handsome Family “Hiway Poesy Painted Desert Into Albuquerque”
3. Shintaro Sakamoto “Manhattan Thirties Flash”
4. Thurston Moore & Lee Ranaldo “Hum Bom”
5. ​Aliah Rosenthal “War Profit Litany”
6. Ed Sanders (The Fugs)​ “Memory Gardens”
7. Mickey Hart “Drones Du Jour (First Party At Ken Kesey’s With Hell’s Angels)”​
8. Ethereal_Interface “An Open Window On Chicago”
9. Howie B With Gavin Friday “D​eath On All Fronts (America Is Falling)”​
10. Disco Pusher “A Prophecy”​
11. Kaya Project “Wales Visitation”​
12. Angelique Kidjo “Uluru Song”​
13. Bill Frisell “Over Laramie”​
14. Andrew Bird​ “Easter Sunday”
15. Devendra Banhart​ “Milarepa Taste”
16. Yo La Tengo​ “Bayonne into NYC”
17. The Good Ones (Rwanda)​ “Falling Asleep In America”
18. Steven Taylor “Continuation Of A Long Poem In These States”​
19. Lang Lee “Pain On All Fronts”​
20. Social Animals “Falling Asleep In America (Roses Smell Sweet)”

★配信リンクはこちら

★CD・アナログ盤の購入はこちら