映画「はちどり」抑圧のただなかで世界の残酷さと美しさに触れる少女を繊細に描いた韓国の傑作

2021.04.28

近年では「パラサイト」と並び世界で評判を呼んだ韓国映画。94年ソウルの集合住宅に住む少女を主人公に、映画は少女の目線に降りて、 家族との関係、学校の同世代との関係、社会との関係を静かに見つめる。そこから見えてくるのは、どこか不穏な世界の様相と少女の〈生きづらさ〉だ。「82年生まれ、キム・ジヨン」に通じる〈女性ゆえの抑圧〉を映画は炙り出すが、本作はフェミニズム的メッセージだけの映画ではない。人と人とが出会うことの尊さや、厳しく残酷であろうとも〈世界は不思議で美しい〉と信じさせてくれる映画だ。本作が長編初監督となるキム・ボラの繊細な演出に酔いしれたい。

関連アーティスト