PR
コラム

エムドゥ・モクター(Mdou Moctar)、新たなギター・ヒーローが『Afrique Victime』で魅せる〈砂漠のサイケデリック・ロック〉の世界

エムドゥ・モクター(Mdou Moctar)、新たなギター・ヒーローが『Afrique Victime』で魅せる〈砂漠のサイケデリック・ロック〉の世界

〈砂漠のジミ・ヘンドリクス〉との異名を取り、思わず〈ニジェールのヴァン・ヘイレン〉、あるいは〈サハラのプリンス〉と形容したくなる新たなギター・ヒーローが西アフリカから現れた。エムドゥ・モクターだ。

そのエムドゥ・モクターが2021年5月21日(金)、オルタナティヴ・ロックの名門マタドールから世界デビュー作『Afrique Victime』をリリースする。すでに、先行シングル“Afrique Victime”をPitchforkが〈Best New Track〉に選ぶなど、海外での期待は最高潮に高まっている状況だ。『Afrique Victime』で展開される幻惑的で刺激的な音楽と真摯なメッセージは、保守化したロックなんて聴き飽きたという日本や欧米のリスナーを魅了するにちがいない。

今回は、そんなエムドゥ・モクターの〈砂漠のサイケデリック・ロック〉の独自性について、音楽評論家の高橋健太郎に論じてもらった。 *Mikiki編集部

MDOU MOCTAR 『Afrique Victime』 Matador/BEAT(2021)

 

ニジェールから登場したギタリストがマタドールと契約

米マタドール・レコードが思わぬアーティストと契約した。西アフリカのニジェールから登場したギタリスト、エムドゥ・モクターだ。ニジェールはナイジェリアの北側、マリの東側に位置する内陸の国で、広大な国土の多くがサハラ砂漠。人口は1700万人ほどだ。近年はアメリカ国内で活動するアフリカン・アーティストも少なくないから、エムドゥ・モクターもそのひとりなのかと思ったが、そうではなかった。ニジェール中央部の都市、アガデズを拠点にし、数枚のアルバムを残している。

ただし、エムドゥ・モクターのバンドにはアメリカ人のベース奏者が協力している。ジョン・ゾーンのツァディク・レーベルにアルバムを3枚残しているレス・ライノセロス(Les Rhinocéros)のリーダーだったマイケル・コルトンだ。彼はNYのイースト・ヴィレッジに住むが、西アフリカと往復しながら、モクターのバンドに参加しているのだという。マタドールからの新しいアルバム『Afrique Victime』は彼のプロデュースだ。

レス・ライノセロスの2013年作『Les Rhinocéros II』収録曲“Bea Spiders”。リリースはジョン・ゾーンのレーベル、ツァディクから

 

砂漠のブルースよりもスピーディーでアグレッシヴ

長身で左利きのエムドゥ・モクターはそれだけでジミ・ヘンドリクスを彷彿とさせるところがある。モクターは砂漠の遊牧民であるトゥアレグ族の出身だ。国境に縛られない生活を送るトゥアレグ族はマリ、アルジェリア、リビア、ブルキナ・ファソ、ニジェールなどに拡がり、モクターも生まれたのはニジェールだったという。

トゥアレグ族出身の現代のアーティストで最も有名なのはティナリウェンだろう。マリ北東部のキダルを拠点とするギター・バンド、ティナリウェンは〈砂漠のブルース〉の呼称とともに、2000年代に世界的なセンセーションを巻き起こした。エムドゥ・モクターもティナリウェンの影響を受けているのは間違いない。

ティナリウェンの2009年作『Imidiwan: Companions』収録曲“Lulla”

だが、エムドゥ・モクターの音楽はティナリウェンのそれよりもずっとスピーディーで、アグレッシヴだ。ティナリウェンも多くのロック・ミュージシャンとの共演を残してきたが、モクターは4人編成のロック・バンドを率いていると言った方がしっくりくる。

ニジェールでの2020年のライブ映像

 

伝説的ギタリストから受け継いだプレイとトランス性

86年生まれのモクターがギターを始めたきっかけはニジェールのギタリスト、アブダラー・ウンバドゥーグーに憧れたからだという。〈砂漠のブルース〉系のギタリストのトリルを多用したギター奏法は、民族楽器のテハルディン(ンゴニ)の奏法をエレクトリック・ギターに応用したものだが、アブダラー・ウンバドゥーグーはその始祖のひとりとされる。2019年に彼の『Anou Malane』(95年)というアルバムがリイシューされたが、これは政府によるトゥアレグ族への弾圧が続く中で、カセットによるコピーが若者に拡がり、強く支持された伝説的作品だという。リズム・マシーンを用いたアブダラー・ウンバドゥーグーの音楽は強いトランス性も持つ。ギター奏法だけでなく、そのあたりの感覚もモクターは引き継いでいるようだ。

アブダラー・ウンバドゥーグーの2019年作『Anou Malane』収録曲“Anou Malane”

モクターは最初からバンドを率いていたのではなく、初期の作品は宅録っぽかった。モバイル電話のSIMに入れられて流通していたそれが、米オレゴン州のインディー・レーベル、サヘル・サウンズの耳にとまり、2013年にアルバム『Afelan』がリリースされた。

今、モクターが弾いている左利き用ストラトキャスターは、サヘル・サウンズからプレゼントとして贈られてきたものだったという。ベースレスのトリオで活動するようになったモクターは2019年にアメリカをツアー。そこでベース奏者のマイケル・コルトンと出会い、現在の編成になったようだ。

2013年作『Afelan』収録曲“Tanzaka”
関連アーティスト