PR
連載

佐藤千亜妃が綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと佐藤千亜妃

2013年冬と夏の2回、私はケヴィン・シールズに会った。音楽関係の知人が、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと古くからの友人だということで、ライブに招待していただいたのだ。

大学時代、ポスト・ロック、エレクトロニカ、そしてシューゲイザーを聴き漁っていた自分としては、感慨深いものがあった。そもそもこの年は、新作『m b v』リリースに加え、来日公演、夏フェス出演と、マイブラ・リスナーにとってはかなりサプライズな年だった。チケットは当たらないだろうと思っていた矢先のお誘いだった。まだ寒い2月のことだった。

『m b v』

ライブは、想像以上の熱量と幽玄さだった。ドラムが打ち出すビートが存外にパワフルなことにも驚いた。この揺るぎないリズムがあるからこそ、ギターはどんどん高くへ深くへ遠くへ音を飛ばせるのだろう、と思った。配られた耳栓を悪戯に耳から外してみたりもしたが、すぐに戻したのを記憶している。とても長いノイズ・セクションは時間の感覚が麻痺し、どこか別の世界へ誘われているような気持ちになった。総じて、ポップでありながらも重厚なライブだった。

ライブ後、知人が楽屋へ挨拶に行こうと言う。内心、〈わーまじか〉などと興奮する。楽屋へ行くと、知人とケヴィンが仲良さそうに言葉を交わす。そして自分も紹介してもらう。CD渡したら、と言われ一応持ってきていたきのこ帝国のインディーズでの1枚目『渦になる』を、おそるおそるケヴィンに手渡す。思い描いていた繊細で神経質そうなケヴィン像とは違い、とてつもなく優しくて朗らかな等身大のケヴィンがそこには居た。写真も撮ろうかと言ってくれて、なんと!ツー・ショットの写真まで撮ってもらった。懐かしい思い出だ。

そしてその年の夏、〈フジロック〉も観に行かせていただき、ライブ後にケヴィンと少し話した。何を話したかは全く覚えていない。内容は覚えていないけれど、ステージからおりたあと沢山のファンたちにサービスしていたのを記憶している。笑顔でThank youを伝え、握手し、サインまで書いていた。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは、長年多くのリスナーから愛されているミュージシャンだが、彼らはしっかりとリスナーを受け止め、愛しているのだと感じた光景だった。2013年は自分にとって忘れられない年である。

 


PROFILE: 佐藤千亜妃
4人組バンド〈きのこ帝国〉(2019年5月27日に活動休止を発表)のヴォーカル/ギター/作詞作曲を担当。現在はソロで活動中。その類まれな表現力を纏った唯一無二の歌声は、音楽ファンのみならず数々のミュージシャン、タレント、俳優等からも支持されている。他アーティストへの楽曲提供・プロデュースも手掛け、その活躍は多岐にわたる。4月4日に新曲“カタワレ”を配信リリース。

オフィシャルサイト:https://chiakisato.com/
Instagram:https://www.instagram.com/chiaki_sato0920/
Twitter:https://twitter.com/chiaki_sato0920
TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJ8H1whV/

TOWER DOORS