PR
連載

Plastic Tree長谷川正が綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと長谷川正(Plastic Tree)

まずはマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(以下MBV)との出会いから。
ちょっと気になるバンド名だなあ、という感じでMBVの存在を知り、最初に聴いたのは“you made me realise”でした。その後、かつて良く通っていた地元千葉のレコード・ショップにて、気になるジャケットのCDを発見! これが当時リリースされたばかりの『loveless』でした。

『ep’s 1988-1991 and rare tracks』収録曲“you made me realise”

幸い試聴が出来たので聴いてみたところ……初期の印象とはまた異なり、とんでもなく心がザワつく音楽だったので即購入! しばらくは家でも、アルバイト先の服屋さんでも、かなりの頻度で聴きまくりました。さらにはPlastic Tree結成直後から、ライブのSEとして“only shallow”を使うようになるほど深みにハマる作品となりました(笑)。

『loveless』収録曲“only shallow”

その後2013年に来日したMBVのライブを観て、彼らの魅力はどんな表現をしようとも、その基本構造がロック・バンド然としたところだと再確認しました。
音楽だけではなく、この姿勢もMBVから受けた大きな影響となっています。

 


PROFILE: 長谷川 正(Plastic Tree)
93年に結成されたバンド〈Plastic Tree〉のベーシスト。
Plastic Treeは結成以降、ライブ、リリースともにコンスタントに活動し、国内外で高い評価を得ている。2020年3月に15作目となるフル・アルバム『十色定理』をリリース。

Plastic Tree オフィシャルサイト:https://www.plastic-tree.com/
Plastic Tree Twitter:https://twitter.com/Pla_Staff
Plastic Tree Facebook:https://www.facebook.com/PlasticTreeOfficial

関連アーティスト
TOWER DOORS