PR
連載

菅野結以が綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと菅野結以

11歳で雷が落ちた。

小学6年生の頃、姉に連れられていったライブハウス。
開演時間をすこし過ぎた頃、会場が暗転し、流れだした“only shallow”。

それはSEだったのだけれど、感受性おばけな少女の脳を揺さぶり体を震えさせるには十分な破壊力だった。

体じゅうに電流が走るような衝撃と、
未知の音楽体験への陶酔、
母親のお腹の中にいた頃の記憶が蘇るような、
胎内回帰を覚えた脳は安らぐと共にひどく興奮していた。

はじめてマイ・ブラッディ・ヴァレンタインに出会ったこの瞬間が、人生を狂わせられる大きなきっかけとなった。

『loveless』収録曲“only shallow”

絵画教室に通っていた当時、現実的な写実が嫌いで自由な抽象画を描くのは大好きだったこと、クラスメイトとなぜかいつも話が合わなかったこと。

大人気のドッジボールやゲームに興味がもてず、屋根裏部屋で本を読み詩を書くのがすきだったこと。

マイブラは自分が居心地がよいと感じる感覚がまさに音になっていて、すべてが繋がった気がした。

けれど自分が一番かっこいいと信じた音楽を小学校の誰もが知らなくて、みんなSPEEDやモーニング娘。に夢中だった。
自分の美意識や癖は、マイノリティなのだということも自覚した。

そこで迎合したり無理して話を合わせる時間ももったいないと思い、友達をつくるのをやめた。
そこから孤独なディグ期に突入し、ラジオDJをはじめる24歳まで友達はほとんどいなかった。今思えば極端な話だけれど。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがシューゲイザーというジャンルだということを音専誌で知り、シューゲイザーと呼ばれるあらゆるアーティストを掘り、派生してニューウェイヴやUKロック、ポスト・パンクなどに傾倒していった。

誰と話すより、遊ぶより、たったひとりで没入する音楽に胸が高鳴り、心が落ち着いた。

身近なところで気の合う人が見つけられなくても、マイブラを聴けばこの世界に自分と同じ感覚の人、同じ種族の人がいる、と思えることが大きな救いでもあった。

音楽をはじめ美しい文化芸術に触れている時間だけは、ひとりじゃなかった。

いま約10年続けているラジオ番組で音楽を届ける仕事をしたいと思ったのも根源はそこで、こちらも今年10周年の、私がディレクション/デザインをしているブランドのコンセプトも〈ambivalent〉。

混沌として騒がしいのに安らぎを覚える、
欠けているし正しくないのに美しい、
相反するものが共存するギリギリのバランスにこそスイート・スポットが潜んでいる、という根底の考えもマイブラからの影響が多かれ少なかれあると思う。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私。
自分語りになってしまったけど、あらゆるきっかけは彼らの音楽と、『loveless』と出会ったことからはじまった。

自分だけの美意識や思想を認めて、
世界との繋がりを与えてくれた音楽。

わたしにとってはこの上なくピュアでロマンチックな原体験であり、いつまでも色褪せないはじまりの音。

 


PROFILE: 菅野結以
雑誌「LARME」「PECHE」などで活躍するファッション・モデル。10代の頃から「Popteen」「PopSister」の専属モデルを務め、カリスマモデルと称される。2010年8月に初の著書「(C)かんの」を出版し、その後、最新写真集「Halation」まで7冊の書籍を発売。アパレル・ブランド〈Crayme,〉のディレクターおよびデザイナーを務めているほか、TOKYO FM「RADIO DRAGON -NEXT-」では豊富な音楽知識を生かしてパーソナリティーを担当している。〈ミスiD〉〈未確認フェスティバル〉など各種オーディションの審査員を務める傍ら、サウナ好きが高じて熱波師としても活動中。SNSの総フォロワー数は約100万人に及ぶ。

Instagram:https://www.instagram.com/yui_kanno/
Twitter:https://twitter.com/Yuikanno
LINE:https://line.me/ti/p/%40kannoyui
アメブロ:https://ameblo.jp/kanno--yui

Crayme, オフィシャルサイト:https://crayme.com/
Crayme, Instagram:https://www.instagram.com/crayme_official/
Crayme, Twitter:https://twitter.com/crayme1
Crayme, Facebook:https://www.facebook.com/craymeofficial/

関連アーティスト