PR
連載

cali≠gari石井秀仁が綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと石井秀仁(cali≠gari/GOATBED)

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインというバンドについて

中学生の頃に『loveless』を聴いたのが最初ですが 轟音かどうかはCDからは分かりませんし レコーディングに費やした時間ですとか 経費ですとか 何の情報もない ちょっとニューウェイブとか好きな子供の耳で聴いて普通にポップでカッコ良かったです

『loveless』

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの作品、楽曲について 

自分は大して熱心な中毒者とかではありませんから普通の耳で聴いて とても良い曲が多いと思います『glider』というEPに入っていた“off your face”が今でも1番好きな曲ですね

『ep’s 1988-1991 and rare tracks』収録曲“off your face”

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのライブについて

バンドが休止している際にはブートの映像を西新宿で買い漁ったりしていた時期もありましたが ライブは観た事がありません 大きい音が結構苦手だという理由もありますが

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと自身の作品や活動について

音楽ジャンル的には全くかすりもしませんけど バンドの美意識のような部分からはもしかすると多大な影響を受けている可能性があるのかもしれません と今になって思います 美しいバンドですよね

 


PROFILE: 石井秀仁(cali≠gari/GOATBED)
cali≠gariのヴォーカリスト。2021年2月にEP『15 予告版』をリリースした。現在cali≠gariは全国ツアー中。バンドと並行して、テクノ・ユニット、GOATBEDでも精力的に活動を展開している。

cali≠gari オフィシャルサイト:http://www.missitsu.com/
cali≠gari Twitter:https://twitter.com/caligari_offici
cali≠gari Instagram:https://www.instagram.com/caligari_offi/
cali≠gari Facebook:https://www.facebook.com/missitsu/
cali≠gari YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCAd2AW7l3gTgOrxyofK2q2Q

GOATBED オフィシャルサイト:http://goatbed.jp/
GOATBED Twitter:https://twitter.com/GOATBEDofficial
GOATBED YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCcvlv7epDBQzVuawC1xhixw

TOWER DOORS