PR
連載

Luby Sparks・Natsuki Katoが綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインとNatsuki Kato(Luby Sparks)

ギター・ロックを好きになってしまったらそれが最後、絶対に避けることは出来ないあのピンク色のアルバム。高校2年生の時、始めたてのベースで友人たちとアークティック・モンキーズやフランツ・フェルディナンドといったUKロックをひたすらコピーしていた僕は、そのピンクの奥にある真の美しさを理解するのに少しばかり時間を要した。当時の僕は同世代の誰よりも音楽に詳しくなくてはいけない、という謎の使命感にかられ、地元のツタヤでインディー・ロックやオルタナのアルバムを毎週ひたすら数十枚レンタルしては自慢のiPodにコレクションしていたため、いつのまにか収められていた『loveless』。その再生ボタンを押すと、冒頭からマシンガンのように打たれるドラム、大きすぎるギターの音に遠くから鳴るメロディー、これまで聴いてきたロックとは明らかに何かが違う未知の世界が安価なイヤフォンからでも耳を直撃した。どうやらヒトは自分の理解出来ないものを自然と避けてしまうらしく、次々とスキップ・ボタンを押してしまったが、“sometimes”だけは心地よさゆえ学校帰りの夜道で聴くようになっていった。

『loveless』収録曲“sometimes”

それから1年後の高校3年生の時に渋谷のタワーレコードでアルバイトを始める。ちょうどその頃、YouTubeでたどり着いたヤックのライブ映像に一瞬で胸を掴まれいつかこんなサウンドのバンドがやりたい、と密かに思うようになっていると、タワレコの先輩に〈シューゲイザー〉も好きそうだね、と言われその時やっとそのジャンルを認知した。それからというもの、シューゲイザーやその周辺を狂ったように聴き漁り、研究した後にLuby Sparksを結成。初ライブでは“when you sleep”をカヴァーし、リリックまでマイブラの影響を受けた。大好きになった映画「ロスト・イン・トランスレーション」のタクシーのシーンを観て、どうしてあの曲だけを最初に好きになったのかも納得出来た。

『loveless』収録曲“when you sleep”

2018年、〈SONICMANIA〉にメンバーとヤックのマックスと一緒にマイブラを見に行く機会が訪れる。初めて聴いてから6年越し、憧れのヤックと憧れのバンドを見る、高校生の時は想像もしていなかった夢の時間に最高潮の期待で臨んだ。ところが大量のアンプとギターも、大音量のノイズも、よく聴こえないメロディーも、理解したはずなのにいざ目の前にすると結局あれは一体何なのかわからなくなり、なぜか笑ってしまった。マックスも初めて見るマイブラに満足感と疑問の残る絶妙な表情をしていたのも忘れられない。こうやって彼らはこれからもたくさんの人たちを魅了しては突き放すことを、波打つトレモロ・アームの如く繰り返すのだろう。なんて意地悪な人たちだ。でもあれこそ音楽家の理想型、たまらないね。

 


PROFILE: Natsuki Kato(Luby Sparks)
2016年に結成の5人組オルタナティヴ・ロック・バンド、Luby Sparksのベース/ヴォーカルと作詞作曲を担当しながらDJや執筆活動も行う。

バンドは2017年にイギリスの音楽フェス〈Indietracks Festival〉に出演し、翌2018年に全編ロンドンで制作したファースト・アルバム『Luby Sparks』EP『(I’m) Lost in Sadness』をリリース。2019年のシングル“Somewhere”はコクトー・ツインズのロビン・ガスリーがリミックスを手掛けた。これまでにSay Sue Me(韓国)を招いた自主企画ライブ、jan and naomiをゲストにしたTAWINGSとの共同企画ライブを東京・渋谷WWWで、ヤック(UK)を来日させた自主企画第2弾を東京・代官山LOOPで開催。他にもヴァクシーンズ(UK)、ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート(US)といった海外アーティストの来日公演のフロント・アクトも務める。

Instagram:https://www.instagram.com/natsukikato123/
Twitter:https://twitter.com/natsukikato123

​Luby Sparks Instagram:https://www.instagram.com/lubysparksband/
Luby Sparks Twitter:https://twitter.com/lubysparksband
Luby Sparks Facebook:https://www.facebook.com/lubysparksband
Luby Sparks Bandcamp:https://lubysparks.bandcamp.com/

関連アーティスト
TOWER DOORS