連載

【桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑】GotchとNYのギタリストNir Felderが参加した2曲を解説!

きたる新作の先行曲をセルフ解説

Page 2 / 2 1ページ目から読む

Fog feat. Gotch

 

ある日のこと、自転車で帰路についていた時だった。僕は自転車に乗っている時に作曲をすることにしている。作曲をしようとピアノやギターに向かい身構えるより、その方が結果が段違いに良いからだ。その日もいつものようにまだ誰も見つけたことのないメロディーを探そうと、人目を憚らず鼻歌を口ずさんでいた。

もちろん何も〈見つからない〉ことも多いが、その日は幸運にも良いメロディーと出会えた。そして同時に、〈この曲はゴッチさんに歌ってもらわなければいけない〉という使命感のようなものが湧いてきたのだった。

Gotch
 

Gotch氏が今まで歌ってきたような曲とは違うかもしれないが、彼の歌がこの曲には必要であり、絶対にハマるという確信が僕にはあった。

前述の2人に加えて、香港出身であり僕のNY時代からの盟友であるアラン・クワン(Alan Kwan)のギターを加えたバンド・サウンドにGotch氏のヴォーカルが乗った瞬間、僕の確信は現実のものになった。

また、この曲の歌詞がGotch氏から送られてきた時、〈以前ゴッチさんに自分のNY時代の心境を話したことがあっただろうか?〉と錯覚するほど、僕の内側を見透かされてるような、そんな気持ちになった。

しかし、自分の作ったメロディーに僕ではない人が書いた歌詞が乗り、曲が息吹きはじめるという、そのなんと感慨深いこと。普段僕は作詞作曲を両方手掛けることが多いが、この感覚はその時とはまた別物だ。自分が作ったにもかかわらず、こういう曲だったのか!と逆に気付かされる。まるで、気心知れた旧友が恋人だけに見せる別の顔を覗いてしまったような。

今回のGotch氏の作詞はまさにそのプロセスを象徴するものだった。全くの新曲であり、懐かしくもある。僕はこの過程を通じて、曲に2度出会うことができたのだ。

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年8月18日(水)
品番:GTXC-177
価格:2,750円(税込)
配信リンク:https://fanlink.to/FloraandFauna

TRACKLIST
1. Into the Stratosphere feat. Nir Felder(New York)
2. Skin Deep feat. 佐瀬悠輔
3. Fog feat. Gotch
4. Tail of a Comet feat. Gilad Hekselman(New York)
5. Gray Rhino feat. 角田隆太(from モノンクル)
6. Touches feat. なみちえ and Potomelli
7. IHDS
8. Bury the Hatchet feat. 松丸契
9. Gemini feat. Alan Kwan(香港)
10. Water Temple feat. Gold Mountain(香港)
11. Regression feat. MELRAW
12. Through the Seasons
13. Hands feat.ミゾベリョウ(from odol)

関連アーティスト