PR
コラム

EPOがビルボードライブで秋のライブを開催 デビュー40周年、シティ・ポップ再評価のいまこそ生で聴きたい歌

EPOがビルボードライブで秋のライブを開催 デビュー40周年、シティ・ポップ再評価のいまこそ生で聴きたい歌

〈EPO Autumn Conjunction 2021〉が2021年9月25日(土)にビルボードライブ大阪で、9月26日(日)にビルボードライブ横浜で開催される。

EPOは、80年に“DOWN TOWN”でデビューしたシンガーだ。“DOWN TOWN”の原曲は、EPO本人が大ファンであるシュガー・ベイブが75年にリリースしたもの。作詞は伊藤銀次、作曲は山下達郎という、その後のシティ・ポップを予感させる名曲だ。

80年作『DOWN TOWN』収録曲“DOWN TOWN”

まさにシティ・ポップど真ん中と言うべき洗練されたEPOのカヴァーは、81年にTV番組「オレたちひょうきん族」のエンディング・テーマに起用されたことで注目を集めた。その後もEPOは、82年に“土曜の夜はパラダイス”を「ひょうきん族」に提供している。

83年作『VITAMIN E・P・O』収録曲“土曜の夜はパラダイス”

“土曜の夜はパラダイス”や代表曲“う、ふ、ふ、ふ、”を収録した名盤『VITAMIN E・P・O』(83年)など、EPOの各作品はのちに〈和モノ〉として再評価されるとともにダンスフロアで愛され、さらに近年のシティ・ポップ・ブームでは新たな観点から注目を集めている。

83年作『VITAMIN E・P・O』収録曲“う、ふ、ふ、ふ、”

そんなEPOは87年に渡英、ロンドンに活動の拠点を移した。94年にはシンガポールのディック・リーと共演したミュージカル「ファンテイジア」に出演し、坂田明との中央アジア・ツアーを行うなど、グローバルな音楽活動で他のアーティストとは一線を画す唯一無二のシンガーになっていく。

その一方で、単なるシンガーに留まらないのがEPOというアーティストの独自性だ。彼女は、声という楽器を通じてさまざまな試みを行っている。たとえば、胎教ライブ、高齢者を対象としたライブ、子ども同伴の父母が聴けるライブ、障害者施設での音楽療法ワークショップなど、その活動は非常に多彩。また、催眠療法のセラピストでもあるEPOは、2004年に自身のカウンセリング・スタジオ〈MUSIC & DRAMA〉を開業した。葉山と沖縄、2か所のスタジオでセラピストとして活動しており、音楽と心に関わる活動をしている。

2000年代以降、一十三十一など若い世代によってカヴァーされることも多かったEPOの楽曲だが、先述したとおり昨今のシティ・ポップ・ブームのなかで再び注目されている。2020年にはデビューから40周年を迎え、RCA/RVCにて80~84年に発表した名盤6作がストリーミング・サービスで配信され、世界中のファンが聴けるようになった。また2021年8月28日(土)には、ファースト・アルバム『DOWN TOWN』がクリア・グリーン・ヴァイナル仕様でアナログ・リイシューされ、それも話題になっている。

シティ・ポップの時代を象徴するシンガーであり、J-Popの先駆者であり、稀代のパフォーマーであり、歌と音楽の可能性を広げる表現者であるEPO。彼女が今秋、ビルボードライブに登場する。

都市の風景を借りたビルボードライブの空間に、EPOのエレガントで伸びやかな歌はぴったり合うにちがいない。また、今回のライブに参加するメンバーは沢田穣治(ベース)、Saigenji(ギター/ヴォーカルetc.)、城戸夕果(フルート)、渡辺亮(パーカッション)と手練ればかり。2021年のEPOならではの深みを増した歌と、しなやかなバンド・アンサンブルのケミストリーが、観客を存分に魅了することだろう。

80年代をEPOの歌と共に過ごした世代も、最近EPOの音楽に出会った若い世代も、ぜひ駆けつけるべきライブだと断言したい。

 


LIVE INFORMATION
EPO Autumn Conjunction 2021

2021年9月25日(土)ビルボードライブ大阪
1stステージ:開場 14:30/開演 15:30
2ndステージ:開場 17:30/開演 18:30
サービスエリア:7,800円
カジュアルエリア:7,800円(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途ご精算となります
★詳細はこちら

2021年9月26日(日)ビルボードライブ横浜
1stステージ:開場 14:30/開演 15:30
2ndステージ:開場 17:30/開演 18:30
サービスエリア:7,800円
カジュアルエリア:7,800円(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途ご精算となります
★詳細はこちら

■メンバー
EPO(ヴォーカル)
沢田穣治(ベース)
Saigenji(ギター/ヴォーカルetc.)
城戸夕果(フルート)
渡辺亮(パーカッション)

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※本公演は映像収録が入る可能性がございます。お客様が映像に映りこむ場合もございますので、あらかじめご了承ください
※ご来場前に必ず〈営業再開時の新型コロナウイルス感染症対策について〉内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください
ビルボードライブ大阪:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_osaka.html
ビルボードライブ横浜:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_yokohama.html

関連アーティスト
EPO