PR
コラム

BRADIOがビルボードライブに初登場 生粋のライブ・バンドによる〈ファンキー・タイム〉を間近で体験しよう

BRADIO Billboard Live 2021

BRADIOがビルボードライブに初登場 生粋のライブ・バンドによる〈ファンキー・タイム〉を間近で体験しよう

〈BRADIO Billboard Live 2021〉が2021年10月9日(土)にビルボードライブ東京で、10月16日(土)にビルボードライブ大阪で開催される。

BRADIOは、真行寺貴秋(ヴォーカル)、大山聡一(ギター)、酒井亮輔(ベース)からなる3人組。日常の世界に素敵な時間・空間のイメージを加え、良き変化を(〈Break the Rule And Do Image On〉)――日常に彩りを加えるエンターテインメントをコンセプトに結成された、ファンキーなロック・バンドだ。

2013年に発表したファースト・ミニ・アルバム『DIAMOND POPS』が彼らにとって初の全国リリースとなった作品で、翌2014年にはT.M.Revolutionの西川貴教が主催する〈イナズマロックフェス〉に出演するなど、早くも注目を集める。その後は各地のサーキット・イベントに精力的に出演、日本全国にその名を轟かせていく。

2013年作『DIAMOND POPS』“Golden Liar”

2015年には、“Flyers”がアニメ「デス・パレード」のオープニング・テーマ・ソングに。また同年は“HOTEL エイリアン”でもアニメ「Peeping Life TVシーズン1??」のオープニング・テーマを担当している。さらに、“Thanks”が京都きもの友禅のCMのイメージ・ソングになるなど、数々のタイアップによってBRADIOの音楽はお茶の間にも浸透していった。またこの年は、〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL〉で初出場にもかかわらずステージのトリを務め、〈COUNTDOWN JAPAN〉への出演も果たし、バンドが大きな飛躍をした年だ。

2015年作『POWER OF LIFE』“Flyers”

2015年の楽曲“Thanks”

2016年には数十のフェスに出演、7都市で計10回のワンマン・ライブを開催、〈COUNTDOWN JAPAN〉への2年連続出場と、活躍の場をますます広げていった。

2017年は人気漫画の実写化ドラマ「新・ミナミの帝王」の主題歌担当に抜擢され、ドラマへの楽曲の書き下ろしを初めて経験、同作に“Get Money”を提供する。同年、ワーナーからのメジャー・デビューを発表。フェスや学園祭の出演オファーがさらに増し、年間100回近いライブを行った。さらに〈第68回さっぽろ雪まつり 雪のHTB広場〉のテーマ・ソング“Colors”、日本テレビ系の音楽番組「バズリズム02」のオープニング・テーマ・ソング“LA PA PARADISE”など、話題曲を連発した。

2017年作『FREEDOM』収録曲“Get Money”

2018年作『YES』収録曲“LA PA PARADISE”

2018年、「スッキリ」「花のテレ金ちゃん」のエンディング・テーマ・ソング“Boom! Boom! ヘブン”、アニメ「デュエル・マスターズ!」エンディング・テーマ・ソング“INAZUMAジャケット”などを収録したメジャー・ファースト・フル・アルバム『YES』を発表した。

2018年作『YES』収録曲“Boom! Boom! ヘブン”

そして2019年には、新曲3曲とライブ録音7曲、そして新曲のオフ・ヴォーカル版(ヴォーカリストの真行寺はアフロ・ヘアがトレード・マークなので〈Hidden AFRO ver.〉という)の計13曲を収めた大ヴォリュームのシングル『O・TE・A・GE・DA!』をリリース。さらに47都道府県のすべてを回る大規模ツアーを敢行し、日本全土の各地域へファン層を広げていった。

2021年作『Joyful Style』収録曲“O・TE・A・GE・DA!”

関連アーティスト