DISC GUIDE

『Angels & Devils』が内包するムードは、あんなところやこんなところにも……

THE BUG 『Angels & Devils』 Part.2

DEATH GRIPS No Love Deep Web Third Worlds/Harvest(2013)

『Angels & Devils』の持つ攻撃的な面を助長し、不穏な世界観の構築に一役買っているのが、“Fuck A Bitch”でコラボした同ユニットだ。神経をチクチク刺激するような黎明期のダブステップっぽいビート上で、キワモノ感丸出しのラップが冴える作りは、確実に『No Love Deep Web』の延長線上にある。

 

 

LONE Reality Testing R&S(2014)

陰のバグ、陽のローンと、紡がれる楽曲のトーンは正反対な印象の両者。しかし、デトロイト・テクノシカゴ・ハウス、ビート・ミュージック、ヒップホップなどなど、さまざまな音楽要素をしなやかに、そして軽やかに吸収した本作は、『Angels & Devils』と共通する部分も多い気が。

 

 

GODFLESH Decline & Fall Avalanche(2014)

テクノ・アニマルの同志で、『Angels & Devils』にも参加しているジャスティン・ブロードリックナパーム・デス脱退以降、ゴッドフレッシュを筆頭にエクスペリメンタルアンビエントスラッジ・メタルな音で裏街道を突き進む彼の姿が、バグのサウンドメイクに刺激を与えたことは明確だろう。

 

 

SD LAIKA That's Harakiri Tri-Angle(2014)

当初はチルウェイヴの新潮流を担ったトライ・アングルも、現在はノイズやインダストリアルに主眼が置かれ、バグのテリトリーへ急接近。特に、このSDライカが奏でるアヴァン・ダブステップ、またはエクスペリメンタル・グライムとも呼ぶべき楽曲は、『Angels & Devils』に勝るとも劣らない大胆さだ。

 

 

FORD & LOPATIN Channel Pressure Software(2011)

かつて、本作収録の実験エレポップ“Emergency Room”をリミックスしたバグ。このF&Lはもちろん、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーなど片割れのダニエルが関わる作品には、偏執的なほど妖しさを追求した電子音が散りばめられ、『Angels & Devils』の作りに通じるものあり。

 

 

VARIOUS ARTISTS Hyperdub 10.1 Hyperdub(2014)

フロウダンウォーリアー・クイーンの楽曲も収めたハイパーダブの10周年記念盤。古くからダブレゲエで実験を行い、既成概念を打ち破ってきたバグだが、その撒かれた種がいままさに開花し、シーンを揺るがそうとしている——カオティックな本コンピを前に、そう考えずにはいられない。

40周年 プレイリスト
pagetop