INTERVIEW

AKLO 『THE ARRIVAL』

BREAK THE RECORDS―AKLOは記録を更新する

NEW ARRIVAL 2014
[緊急ワイド] ヒップホップ到着’14

ヤバい注目作品が引っ切りなしに到着する日本語ラップの2014年。粒揃いのビッグ・リリースから、いま真っ先にチェックすべきはこちら!!

 


 

 

 2年目の、もしくは2枚目のジンクス。スポーツでも音楽でも、決まり文句としてよく使われる言葉ではある。音楽についていえば、デビュー作の評価が高ければ高いほど、送り手はそうした評判に〈次〉へのプレッシャーを感じ、受け手はハードルを上げながら〈次〉を待つことになる。そして、2年前のファースト・アルバム『THE PACKAGE』が絶賛されたAKLOは、まさにそんなシチュエーションにあるわけだが……心配は無用だった。レーベルメイトであるSALUとのツアーで2013年を締め括り、今年に入ると“NEW DAYS MOVE REMIX”を限定リリース。海外先行で上映されている映画「アップルシードα」に劇中歌“Castle”を提供するというトピックも挿んで、7月にはKREVAを迎えて新章の到来を告げる“Catch Me If You Can”を先行カット。その月の末には〈フジロック〉のデーモン・アルバーンのステージに飛び入りし、ゴリラズの“Clint Eastwood”をパフォーマンスするというビッグ・サプライズもあった。

AKLO THE ARRIVAL One Year War/Manhattan/LEXINGTON(2014)

 「4日ぐらい前に話がきて、ビックリしましたね、正直(笑)。久々に本当に緊張しました。ワールド・ツアーで都市ごとにその国のラッパーを迎えてるらしいんですけど、デーモンは〈お前のヴァイブスで好きにカマせ〉ってノリで、超いい人でした。ゴリラズ大好きだったから超アガりましたね。お客さんのことを客観的に考えたら、盛り上がってるとこに知らない奴が出てきた時の気持ちもわかるし、ある程度の厳しい雰囲気は予想してたんですけど、意外に爆発的に盛り上がって。もちろんAKLOって聞いても〈?〉だった人も多いと思うんですけど、曲が始まったらお客さんの反応がちゃんと伝わりましたね」。


自分がやるべきこと

 そんな思わぬラッキーも呼び込みながら、万全の状態で訪れたセカンド・シーズン……とはいえ、実は昨年のEP『NEW DAYS MOVE』の時点でアルバム・リリースを見据えていたそうだ。

  「『THE PACKAGE』を作り終えた時点で次の構想はもうありましたからね。本当はEPの後にアルバムが続く予定だったのが、ちょっと制作面で遅れが出ちゃって、そうこうする間にアルバムの方向性も変わっていって……結果的に“NEW DAYS MOVE”は今回収録してないですし。自分的にはファーストでやりきった感があったから、次は全曲にコンセプトがあるような感じのアルバムにしたいって思ってたんだけど、実際はもっとテクニカルな部分で〈まだこんなこともやれるな〉っていう部分が出てきたり、音楽的にも最高品質でなおかつ新しい部分を出したかったから、音楽的なアプローチでパンチライン多めの曲を入れて、トラックと俺のラップの両方のアップデート感を見せる方向に持っていきました」。

【参考動画】AKLOの2013年の楽曲“NEW DAYS MOVE”

 

 そのプロセスを考えれば、やはりプレッシャーは意識下に潜んでいたのかもしれない。思えば、前作を生み出すエナジーとなったのは、世に知られるまでの長く悩ましい逡巡そのものだっただろう。だとしたら、セカンド・アルバムへと向かうモチヴェーションは当然前と違ったものになる。AKLOが見据えたのは表現そのもののさらなる進化だった。

  「今回は期待に応えたかったし、いい意味で裏切りたかったですね。もっとわかりやすくしても良かったんだけど、フロウはもっと複雑になってて、ある意味リスク上等というか(笑)。それこそ『THE PACKAGE』は自分がラップを始めてから長い年月に得てきたものをすべて落とし込んだアルバムかなと思ってますけど、新作はそこからの進化って感じで。新しいことを積極的に、ある意味実験的にアプローチしてて、特にフロウの面は〈こんなの聴いたことないでしょ?〉みたいなのがけっこうあると思う。だから、期待してくれてる人たちに、さらに上のレイヤーがあることを見せたいってのが今回のモチヴェーションでしたね」。

 その心境は数多くの客演やライヴ出演から導き出されたものでもある。

 「自分が外に行けば行くほど、その人たちに合わせようというのが逆になくなって、自分のポジションがわかった気がします。だから、やるべきことは方向転換じゃなく自分を磨き上げることだなって。逆に自信がつきましたね」。

 実体のない〈わかりやすさ〉に惑わされることなく、ついに到着したセカンド・アルバム『THE ARRIVAL』は彼の感覚が正しかったことを証明している。結論から先に言うと、これはとんでもない一枚だ。


もっとデカくしたいっていうエネルギー

 全体を統括したのはもちろんBACHLOGIC。プロデューサーとしては前作に続いてJIGGが参加し、さらに初顔合わせとなるsaltwaterGaius Okamotoも名を連ねている。O.Y.W.M.のチーム的な一体感も前作以上のものだったようだ。

 「トラック選びに関してはBL君が主導権を握ってるんですけど、リリックの内容に関して今回ディレクションはまったくなかったですね。トラックメイカーは皆めっちゃ仲が良いんですよ。Skypeとかでずっとやり取りしながら、〈新しい技覚えたよ〉みたいにゲーム感覚でスキルアップしていってるんで、だからアルバムの世界観とかは全員がシェアしながらやれてた感じですね。saltwaterとGaiusさんは謎の人というか(笑)、俺もまだメールだけで、会ったことはないんですけど」。

 アルバムはデルフォニックス“Ready Or Not”をJAY'EDが歌う序曲で登場感を煽り、続くリード曲の“Break the Records”で一気に奥行きを広げていく。かの〈さんピンCAMP〉にて発されたMUROの一声を合図にビートとフロウが一変する展開も鳥肌モノだろう。

 「そこでビートが変わってフロウも変えたらメイク・センスするし、実際に〈こんなシーンを待ってたぜ〉って俺らはまだ言えないかもしれないけど、そこにあるリアルネスにはしっくりきたし、このセリフに詰まってるヒップホップをもっとデカくしたいっていうエネルギーはいまの俺らと同じかなと思ったんですよね」。

 曲中でビートが変化するものでは、“HEAT OVER HERE(REMIX)”から声ネタを引いた“ZUWAI”も問答無用の重厚なカッコ良さ。アンビエントな空間の奥で歌われるのは孤独な決意表明だ。また、鋭い語り口で誘惑と自律について考える“NOx3”、「普通は正しくないとされることや堂々と言うべきじゃないことを肯定する」という本人なりの裏テーマに則った“Butterfly”など、パーソナルな視点に深く潜った曲も多い一方、昨年のライヴで披露されていたものからアッパーなレゲエにアレンジを変えた“Turn Up”や明快なボムの“時限爆弾”、パーカッシヴな痴話喧嘩にオチもつけた“BGM”など、曲ごとの表情やベクトルがアルバム全体にいい感じの緊張と楽しさを持ち込んでいる。

 「制作期間の前半に気合い入りすぎてたというか、ヘヴィーな、シリアスな曲が多く出来たこともあって、途中からBL君がビートでバランスを取ろうとしたんじゃないかと思います。それこそ“時限爆弾”とか遊び心のある曲が出来て、楽しいゾーンが生まれたっていうか、俺が一人でやってたら偏ってただろうし、そこは流石だなと思いましたね」。

 また、先述の“Catch Me If You Can”にKREVAを迎えたのに続き、“RGTO”ではいつになく苛立ちを露にしたSALUと、動じずに俺節を貫いたK DUB SHINEをフィーチャー。「ちょうどSALU君は何か言いたいことがあったみたいで(笑)、テーマを投げたら3時間ぐらいで返ってきましたね。K DUBさんは韻も固いしリリックもおもしろいからオファーしてみようって。俺的には大正解でした」とのことだが、こちらは「GTO」に掛けて三者三様の学園ドラマ(?)を演じるMVも必見だ。なお、この後に配信(&アルバムのタワレコ特典に収録)される“Break the Records”のリミックスでは、「このチョイスやばいだろ?って自信もありますね」というKOHHMC漢をフィーチャーするなど、周囲を巻き込む熱の作り方も彼ならでは。そんな野心とトライアルと進化を詰め込んだ『THE ARRIVAL』は、また新たなハードルをAKLOに授けることだろう。

 

▼AKLOの作品

左から、2012年作『THE PACKAGE』、2013年のEP『NEW DAYS MOVE』(共にOne Year War/Manhattan/LEXINGTON)
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼関連作品

左から、KREVAのベスト盤『KX KREVA 10th ANNIVERSARY 2004-2014』(ポニーキャニオン)、K DUB SHINEの編集盤『自主規制』(ワーナー)、JAY'EDの2014年作『HOTEL HEART COLLECTOR』、Crystal Kayの2012年作『VIVID』(共にユニバーサル)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼AKLOの客演した近作を一部紹介

左から、KEITAの2013年作『SIDE BY SIDE』(ポニーキャニオン)、KLOOZの2013年作『DECORATION』(DREAM BOY)、I-DeAの2013年作『12ways』(Flashsounds)、YORKの2013年作『THE NEW BEGINNING』(rhythm zone)、BACK DROP BOMBの2013年作『59days preface』(cutting edge)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

TOWER DOORS
pagetop