2021年から堀込高樹のソロプロジェクトに生まれ変わり、新章へ突入したKIRINJI。去る12月には新生KIRINJIとして初のアルバム『crepuscular』を発表し、コロナ禍を背景にしたこれまでになく内省的でリアルな歌詞と緻密なサウンドプロダクションが称賛を浴びたことは記憶に新しい。そんななかKIRINJIが、早くも2022年初のシングル“Rainy Runway”をリリース。長く続く自粛生活から開放されつつある現在を見つめて〈外に出て、新たな一歩を踏み出そう〉と歌う、聴き手を勇気づけるポジティブなポップナンバーだ。共同アレンジャーとして参加したsugarbeansによるホーンの温かな響き、生楽器を中心にしたアンサンブルが新しい季節の到来を告げるこの曲は、いかにして生まれたのか? 歩みを止めないハードワーキンな堀込高樹の働きぶりやその作曲論に、松永良平(リズム&ペンシル)が迫った。 *Mikiki編集部

KIRINJI 『Rainy Runway』 Verve/ユニバーサル(2022)

 

昔のキリンジではなく今のKIRINJIのグルーヴを

──アルバム『crepuscular』から約半年のスパンでニューシングル“Rainy Runway”がリリースされるとは、ちょっと驚きました。

「年内に2曲くらいはシングルをリリースできたらいいなと念頭に置いていて、この曲がまずできました。ここから(次の)アルバムにつながる曲ではありますが、まずはそんなに方向性を定めず、どう転んでもOKという感じがいいかなと思って制作しました」

“Rainy Runway”

──新曲には、去年の“再会”を思わせるグルーヴのあるナンバーですが、より前向きな言葉が選ばれているなとも感じました。〈Runway〉というワードもすごく印象的でもあります。ファッションショーのランウェイって基本的には1人で歩く場でもあるので、いろいろ状況は明るくなってると思えるけど、〈1人の時間〉というのもまだ意識されてるんじゃないかと。

「そこまでは考えてなかったですね。コロナはもうさほど念頭になくて、6月リリースなので、〈雨の日でも気持ちよく歩いたら気分も上がるんじゃない?〉くらいのことです。〈恵みの雨〉的なことじゃなく、雨とか災難とか、そういう厄介なものに対してどういう心構えで向き合っていったらいいか、みたいなことをテーマにしようと」

──ホーンセクションはsugarbeansさんとの共同アレンジで、かなりしっかりとバンドサウンドでのレコーディングですね。

「今回はバンドがあって、ホーンがあって、その背景にシンセがときどき鳴っています。昔も生演奏+シーケンサーというアレンジはあったのですが、シンセがもうちょっと前にフィーチャーされる感じだった。今回はシンセはちょっと奥に引っ込んで、ドラムの感じもふかふかしていて、よりオーセンティックな生演奏。だけど、それをどうやって今の音楽として聴けるようにするか、そこにちょっと苦労はしました」

──そこの苦労を具体的に聞きたいです。

「今回は70年代のアル・グリーンとかシュギー・オーティスとかのドラムやリズムボックスの音をイメージしていたのですが、最初に上がってきたミックスはローがすごく強い感じで、それだとグルーヴが立ってこなかった。〈昔のキリンジじゃない、これ?〉みたいな印象があったんです(笑)」

──昔のキリンジ……。

「今のKIRINJIは、ゆったりしているけどぐいぐいグルーヴがあってダンサブルで、自然とテンションが上がっていく感じにしたい。聴いた後に〈メロウな曲だったな〉じゃなくて〈ダンサブルな曲だったな〉という印象を残したくて、そこでいろいろエンジニアの柏井(日向)さんとトライしました。今のトップ100の流れのなかで痩せて聴こえず、周りの曲に負けないサウンドのボリューム感を持たせて、自分の個性を出すにはどうしたらいいか、みたいなことです」

堀込高樹の作曲論

──それにしても、ソロ体制のKIRINJIになってからは仕事がかなり矢継ぎ早というか、制作面での継続モードがより強く意識されているようにも感じます。

「どうなんですかね? よく思うのは、僕らくらいの年齢のアーティストって、今ここで、じっくり腰を据えて、みたいなことをやっていると、1、2年くらいすぐ経っちゃうんですよ」

──確かに、いろんな局面で腰を据えがちになりますね(笑)。

「一度据えたら、なかなか立てないですから(笑)。なので、〈僕は腰を据えないようにしよう〉と思ったんです。2020年からコロナでライブ活動が活発にできなくなって、そんな状態でグループの編成も変えた。そういうことがあると活動自体がどんどん停滞してゆくから、ここはちょっと頑張って制作を活発にやらないと、と思いました。体制も変わったことをアピールしたいですし。これで〈2年は新曲出しません〉みたいな感じでやっているとリスナーにも完全に忘れられちゃいますし」

──シングルを間隔を空けずに出していくことで注目をキープするというのは、世界的な流れでもありますよね。

「〈ああいう3ヶ月に1曲出すようなパターンって自分にもできるかな?〉って考えました。海外だとコライトといって、いろんな人が曲作りに関わっているからあのスパンで出せるんじゃないかな、とか。僕の場合は、〈あいつは曲がやっぱり面白いよね〉ってところがアイデンティティーだから、あまり他の人に委ねてしまうのは危険なんじゃないかなと感じていて、コライトという領域には踏み込めていない。でも、年に2、3曲だったら出せるかなと自分に喝を入れています」

──逆に、作った曲をあえて寝かせることもありますか?

「あんまりないですね。最近は作ったらすぐ出すというパターンになっています。ストックがほぼないから、出来た曲を次々に出しています」

──でも、ストックがないから困ったな、ということでもなさそうです。

「そうですね。なかったら〈じゃ、書くか〉みたいな感じです(笑)。まったくストックがないわけじゃないんですよ。でも、前に作りかけた曲を聴き返してみても、あんまり今の気分じゃなかったりするし、いろいろいじってみても結局ものにならないということがわりとあるので。でも、それは昔から変わりませんね。ストックを振り返るのはあんまり面白くないなと思う性質なんです」

 

自分の作品ばかりに力を注いでしまう

──堀込高樹の作曲論としては、あまり貯めない、振り返らない。興味深いですね。

「同じくらいの年代だとプロデュースとか楽曲提供にシフトしていく人も多いですが、僕はそういうタイプではない。ある意味プロデューサー志向の人は偉いとも思います。人の面倒を見ようということだから」

──でも、高樹さんは若い頃からそっち側と見られがちだったのでは?

「そうなんですよ。眼鏡のせいだと思うけど(笑)」

──〈そっちじゃないんですよ〉ということを自分の作品を出すことで主張し続けてきたのがKIRINJIの歴史なのかなと思いますね。

「職人的なことができるタイプと思われているんですよね。でも僕は誰かをプロデュースしてどうにかするよりは、自分の曲を作りたいなと思ってしまう。

これまでに何曲も書いていますが、提供した人に会うことも基本的にありません。藤井隆くんの “わたしの青い空”は本間(昭光)さんが、“未確認飛行物体”はCHOKKAKUさんが僕のデモをすごく尊重してくれて仕上げてくれたからうれしかったなあ。

藤井隆の2004年作『オールバイマイセルフ』収録曲“わたしの青い空”。作詞作曲は堀込高樹

とにかく、僕は面倒見がよくないんですよ(笑)。自分の作品ばっかりに力を注いでしまう」

──究極的にいうと、自分大好きということなのでは?

「自分のことが好きすぎる50代ってちょっと困りものですよね(笑)。でも、〈次にこういうものを作りたい〉という気持ちが途切れずにあるということだし、作品を常にリリースできる環境を整えるように頑張っています」

アジア音楽に過去のものを新鮮に響かせるヒントがある

──自分と自分を取り巻く社会や環境を音楽に反映してゆくのがいちばん面白いってことなんでしょうね。それがポップソングとしてみんなが聴きたいものにハマってるわけだから幸福なことです。

「それはうれしいことですよ。そして、自分の音楽がポップスとして機能するかということは常に考えています。口ずさめないものは止めようとか。凝ってはいるかもしれないけど、難しいことはあんまりやってないと思います。歌詞も最近の僕の曲はわかりやすいですし」

──それこそデビューされてからポップスの形もだいぶ変わってきてるじゃないですか。

「あんまりそこは意識しないです。聴いてきた音楽は基本的に60年代から80年代くらいのものなので、そこは逃れられない。やっぱり起承転結のある曲が好き。

ただし、曲の構成が今っぽいかどうかは結構気にしますね。今回の“Rainy Runway”は、イントロがほぼありません。1番、2番、エンディングという構成。最近は若者には飛ばし聴きされると話題のギターソロもエンディングにはあるけど、中間部分にはない。最初はイントロも間奏も作ったのですが、それがあるとちょっと昔のJ-Popみたいな顔つきの曲になるなと。時間の流れの感じ方みたいなものは、今の音楽に準じたほうがいい。

そういうところとミックスのバランスを意識して、〈こういうのKIRINJIらしいよね〉と自分なりに思えるところに落とし込んでいく。そういうことを今回のシングルでは考えました」

──イントロの話もそうですけど、決断が大胆なところが高樹さんにはある気がします。

「結構(イントロをなくすのは)勇気がいるのですけどね。いいイントロができちゃったらどうしても鳴らしたくなるじゃないですか。それに、イントロをつけると間奏をしっかり作りたくなる。でも今回は、前置きなしでいきなり本題に入った感じでも、聴いた後に物足りなさを感じない曲になりました。

最近、僕のラジオ番組(α-STATION『NEW MUSIC, NEW LIFE』)で(ライブハウス〈月見ル君想フ〉店主の)寺尾ブッタさんがアジアの曲をいろいろ紹介してくれるコーナーがあります。そこでかかる曲はシティポップ的なフレイバーはあるけど、ノリはヒップホップやダンスミュージックで、構造は基本的にはループという曲が多い。ワンコード、ワンループでつなげているけど、曲として聴き飽きさせないような工夫がすごく練られていると思います。

今回“Rainy Runway”も、1番、2番と単に2回同じ展開を繰り返しているだけじゃなく、実はコードやメロディーを結構変えています。昔からあるようなものを今どうやって新鮮に響かせるかということについては、アジアの音楽を聴いているとヒントがありますね。〈そうか、これを俺もやればいいんだ〉って思う。自分で作りはじめると結局16小節で完結するものにしてしまうのですが、そういう今の流れを意識するかしないかでだいぶ仕上がりは違うと思います」

 

夢見がちな50代?

──6月18日からは、西日本を中心に10ヶ所をまわる初の弾き語りツアー(〈KIRINJI 弾き語り ~ひとりで伺います〉)ですね。これも新しい試み。

「芸の幅というか表現の幅を広げようと思っていて(笑)。

というか、コロナ禍でぜんぜん地方にライブに行けてなかった。バンドで行くとなると大ごとですけど、1人の弾き語りなら動けるので、細かく回ることにしました。まさか自分でもこのキャリアのこのタイミングでやると思ってなかったですけど。東北のほうにも、雪が降らないうちに行けたらいいですね」

──弾き語りって曲の骨格をはっきりさせていく作業なので、自分の曲の構造をとらえ直すいい機会かもしれない。

「骨格さえちゃんと押さえておけば、あとは比較的自由に曲を解釈できる。もともとキーボードで作っていた曲をギターに置き換えるのでコードを少し変えなきゃいけなかったり、弾き語りだと曲が短くなるので1時間半のライブは大変ですけど、そういう作業も面白いです」

――さだまさしさん的な長めのしゃべりもあっていいのかも(笑)?

「弾き語りの方が曲間にしゃべるのは、よくわかります。というのも、弾き語りで間奏などをカットして演奏すると、曲がかなり短くなって、〈この曲5分くらいあったのに、おかしいな?〉ってなるんですよ。だから、MCで余計なことをしゃべらないように気をつけないと(笑)。

せっかくだから、全公演テープを回して録音してみたいな。グレイトフル・デッドがやっていたように、お客さんがライブを録音して共有する、NFTにする、みたいなことも、もっと弾き語りが上手になったらやってみたいですね」

──え、それもすごいアイデアですけど、権利関係とか大丈夫なんですか?

「いや、そこはどうかわからないですけどね。なんか、夢見がちな50代みたいで恥ずかしいなあ(笑)!」

 


RELEASE INFORMATION

KIRINJI 『Rainy Runway』 Verve/ユニバーサル(2022)

リリース日:2022年6月22日
配信リンク:https://KIRINJI.lnk.to/Rainy_Runway

TRACKLIST
1. Rainy Runway

 

LIVE INFORMATION

弾き語りワンマンライブ
KIRINJI 弾き語り ~ひとりで伺います

2022年6月18日(土)鹿児島 ライカ南国ホール
開場/開演:18:00/19:00
https://li-ka1920.jp/news/archives/59

2022年7月8日(金)京都文化博物館 別館ホール
開場/開演:17:00/18:00
http://www.bunpaku.or.jp/

2022年7月9日(土)兵庫・神戸 海辺のポルカ
開場/開演:17:00/18:00
https://www.umibenopolka.com/

2022年7月10日(日)岡山 蔭凉寺
開場/開演:17:00/18:00
https://www.facebook.com/蔭凉寺-296590397054722/

2022年7月22日(金)佐賀 浪漫座
開場/開演:18:00/19:00
http://www.romanza.jp/

2022年7月23日(土)熊本 早川倉庫
開場/開演:17:00/18:00
https://hayakawasouko.com/

2022年7月24日(日)福岡 森本能舞台
開場/開演:17:00/18:00
http://m-nohbutai.com/

2022年8月26日(金)高知 蛸蔵
開場/開演:18:00/19:00
https://www.tacogura.com/

2022年8月27日(土)愛媛・松山 萬翠荘
開場/開演:14:00/15:00
http://www.bansuisou.org/

2022年8月28日(日)香川 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階ミュージアムホール
開場/開演:15:00/16:00
https://www.mimoca.org/ja/

SUMMER SONIC 2022
2022年8月20日(土)、21日(日)千葉・幕張 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
※KIRINJIは8月20日に出演
https://www.summersonic.com/

BABY Q 大阪場所
2022年9月3日(土)大阪市中央公会堂 大集会室
出演:大橋トリオ/KIRINJI/矢野顕子
https://day-off.today/

 


PROFILE: KIRINJI
96年、堀込高樹、泰行の実兄弟で〈キリンジ〉を結成。97年のインディーズデビューを経て、翌年メジャーデビュー。2013年、堀込泰行がキリンジを脱退。同年に新メンバー5人を迎えバンド編成〈KIRINJI〉として再始動。2021年からは堀込高樹のソロプロジェクト〈KIRINJI〉として活動中。自身の作品の他、様々なアーティストへの楽曲提供やドラマ、映画のBGM、テーマソング制作等、幅広い分野で活躍している。音楽への深い造詣に裏打ちされたジャンルにとらわれない曲作り、アップデートし続けるサウンドプロダクション、ユニークな視点から繰り出される詞世界は、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得続けている。