PR
コラム

杉山清貴の季節は終わらない――35周年記念シングル集と初期アルバム3作品でその歌世界を改めて堪能しよう

終わらない季節、杉山清貴の歌世界を改めて堪能しよう!

 昨年5月にソロ・デビュー35周年を迎えた杉山清貴。そのアニヴァーサリー・イヤーの締めくくりとして、これまで発表してきたシングルを(カップリング含め)コンプリートで収めた5枚組ボックス『35(+3)SUMMERS Sugiyama, Kiyotaka Single Collection』、初期3作のアルバム『beyond...』『realtime to paradise』『kona weather』のリマスター盤がリリースされる。ソロとして37度目の夏──今年も彼の季節がやってくる前に、改めてその足跡を辿ってみたい。

 彼は83年春、杉山清貴&オメガトライブのヴォーカリストとして、音楽シーンの前戦に躍り出た。デビュー・シングル“SUMMER SUSPICION”を皮切りに、“君のハートはマリンブルー”“ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER”など次々とヒット曲を送り出していったオメガトライブだが、このグループは、当時所属するプロダクションの代表/プロデューサーだった藤田浩一が主導する〈バンド・プロジェクト〉。杉山ほかメンバーの高島信二、西原俊次、廣石恵一、大島孝夫、吉田健二は、それまで〈きゅうてぃぱんちょす〉というバンドで活動していて、ポプコン(ヤマハポピュラーソングコンテスト)に出場/入賞した際に藤田にスカウトされたという流れでプロジェクトに参画した。

 きゅうてぃぱんちょすは、ドゥービー・ブラザーズなどウェストコースト・ロックのサウンドを標榜するバンドだったが、オメガトライブではオリジナル楽曲を封印し、作詞:康珍化、作編曲:林哲司という作家陣によって用意された楽曲、世界観を表現。〈夏〉〈海〉を背景に、センチメンタリズムを含んだ歌詞、コード進行が入りくんだAORテイストのサウンド、そこに杉山の歌声が乗ることで、独特のメロウ感を浮かび上がらせていた。レコーディングもヴォーカルの杉山のみが参加する形で、演奏はスタジオ・プレイヤー。そこにもともとのバンドの意志が反映されることはなかった。〈売れたら自分たちの好きなことをやってもいい〉ということだったが、デビューから成功を収め、さらに人気が加速していったなかで、オメガトライブのイメージを崩すことができなくなっていく。そんな鬱憤のようなものがバンド内で高まった結果、オメガトライブは人気絶頂の85年末に解散(プロジェクトは新たなメンバーを迎えた1986オメガトライブとして始動)。わずか2年8か月という活動期間だった。解散当初の杉山はしばらく充電期間を置くつもりだったそうだが、レコード会社からのオファーがあり、少々想定外のタイミングでソロとしてのキャリアをスタートさせることになる。