PR
インタビュー

黒子首『ペンシルロケット』カラフルなサウンドとひねりのある物語性で独自のポップスを追求する3人組が登場!

 ハスキーながらもよく通る堀胃あげは(ヴォーカル/ギター)のヴォーカルと、愁いや怒り、愛情や生きるための活力を一癖ある物語に仕立てた歌世界。王道のJ-Popからパンク、ラテン音楽、ソウルやアシッド・ジャズまでを好むリズム隊のプレイヤーシップに満ちたアンサンブル。「〈音楽 or Die〉な活動」(堀胃)で独自のポップスを追求してきた黒子首(ほくろっくび)が、新作『ペンシルロケット』を完成させた。フレッシュな感性と新人らしからぬ貫禄を湛えた本作の軸は、冒頭の透徹したミディアム“クールに戦え”だという。

 「これは宣戦布告の曲というか、世に対しても、自分自身に対しても喧嘩を売るような曲。いまの黒子首に意義のある曲になったと思います。対して“青鬼ごっこ”は、“クールに戦え”とは逆の裏軸みたいな曲ですね(笑)。歌詞を見ると〈♡〉とか〈//〉とか使ってたり、ふざけてるんです。音楽に対する毒々しいメッセージを込めてます」(堀胃)。

黒子首 『ペンシルロケット』 トイズファクトリー(2022)

 加えて、斎藤ネコのヒステリックなヴァイオリンが印象的な“question for”、ヘヴィーな“怒り”などでもダークな吸引力を炸裂させる一方で、イマジナリーな生活感が広がる“インスタントダイアリー”“ランドリーランド”や、「コンセプトを最初に置いて、ポップらしいポップを意識して作った」(堀胃)という“あかい惑星”のようにガーリーなナンバーも。さらにエレクトロニカ色の強い“WANTED”では、堀胃と田中そい光(ドラムス)の感性の違いが上手く作用している。

 「アレンジのオーダーは〈無機質で、青〉。ジャスティン・ビーバーの“Stay”とパソコン音楽クラブを参考曲で送った気がする。歌詞的にも正体不明の何か……〈自分〉を探してデスクトップのゴミ箱を漁ったりしているので、機械感が欲しくて」(堀胃)。

「僕はいつもドラムから入るんですけど、“Stay”にはビートがほぼないんですよ。それで〈わかんねえや〉となってたんですけど(笑)、あるときTHE NOVEMBERSの“Flower of life”に置き換えて考えてみて〈これだ!〉と。青くて無機質で、でも生ドラムでっていう」(田中)。

 そして、〈母性〉をテーマに書き下ろしたアニメ「忍の一時」のエンディングテーマ“おぼえたて”と、アルバムの終曲“ぼやけて流星”ではアレンジャーの伊藤翼によるストリングスがドラマ性を高めている。

 「ストリングスって壮大さだったり、昂揚感を膨らませたりっていうイメージがあるじゃないですか。それが伊藤さんのアレンジだと、すごく広いんですけど、〈心の中にぽかんと空いた空白〉みたいな音がするんです。いい意味でこてんぱんにやられたので(苦笑)、自分はドラマーとしてできる限りのことをやろうと。ラディックっていうスネアの名機を使ったり、プレイもあまりテイクを重ねず、心がすり減る前の集中力を封じ込めてます」(田中)。

 「“おぼえたて”のベースは、温かみを重視した音作りで。最後に歌が入ったデータを聴いたとき、〈めっちゃいい曲だな〉って鳥肌が立ったのが印象に残ってます。〈あなたが望んだ未来を〉の〈み〉のところがポイントです」(みと、ベース)。

 「そこ、音程的には合ってないんです。でも、若干フラットしてるほうが温かみがあるよねってことで、こちらを取りました。“ぼやけて流星”は“あかい惑星”とちょっと似ていて、〈ひとりぼっち〉っていうことを表現したくて。この曲も生弦になった結果、ものすごく大きい夜空を描けたんですけど、そのぶん自分──この主人公の孤独さが際立って、私の表現したかったことがより明確になったと思います」(堀胃)。

 理論にこだわらず、個々の楽曲の最適解に準じた全15曲。〈孤独〉を示すことで聴き手を大らかに包み込むエンディングの在り様に、〈ポップス〉に対する黒子首の流儀がよく表れているように思う。

 


黒子首
堀胃あげは(ヴォーカル/ギター)、みと(ベース)、田中そい光(ドラムス)から成るバンド。2018年7月に結成され、約1年間の活動を経て現在の編成になる。2019年に初音源となるEP『夢を諦めたい』をリリース。初の全国流通盤となる2021年のファースト・アルバム『骨格』を経て、今年2月にシングル“やさしい怪物 feat. 泣き虫”でメジャー・デビューを果たす。8月に発表したEP『ぼやぁ~じゅ』の収録曲“トビウオ愛記”“かくれん坊”も話題を集めるなか、ニュー・アルバム『ペンシルロケット』(トイズファクトリー)を10月26日にリリースする。

関連アーティスト